誠に勝手ながら4月30日と5月3〜6日までは休診とさせて頂きます。なお、この前後は予約の集中が予想されます。お早めにご予約されることをお勧めいたします。
最近の記事
2018年04月04日

バネ指にはお灸を使う

バネ指(弾発指)はご存知ですか?

簡単に言うと、腱鞘炎の一種で、指の曲げ伸ばしがしにくくなり、痛みや腫れが出たり、指の曲げ伸ばしの時に引っかかるような感じで急に動かなくなったり、急激に動いたりする症状です。

この症状を主訴として来院されることはそれほどありませんが、実は「バネ指です」とか「以前にバネ指になったことがあります」という患者さんは割と見かけます。

整形外科に行っても、注射で痛みを和らげるか、手術を勧められる事も多く、結構悩まれている方も多いです。

それが嫌で「なんとか鍼灸で治療できませんか?」という方がいるのも事実。

しかし、このバネ指、結構厄介なんです。

なぜなら、症状が出た頃にはすでに酷い状態になっている事が多いからです。

カクカクと引っかかるような症状が出てても痛みとかがないと割と平気で指を使えてしまうのも原因かもしれません。

まして毎日よく使う手の指。使わないなんて訳にはいきません。

ですから、治療で改善してもすぐ元どおりになりやすいのです。

そんな時の強い味方が「お灸」です。

バネ指治療ではお灸を割と多めに使います。
お灸と言っても一番温度の低いせんねん灸を使っているので怖がらないでくださいね。

基本的には血行不良なので、お灸で血流を改善して新鮮な血液をジャンジャンと患部に送ってあげると改善スピードが上がります。

家でも毎日して貰えればさらに効果てきめん
ちゃんとお灸をすえる場所も正確にアドバイスするので安心してくださいね。

このブログでもお灸の場所を紹介できれば良いのですが、症状によって個人差がありすぎるのでやめておきます。
患部に直接するのだけは危険なのでやめておいてくださいね。

「手術を勧められたけど切るのは嫌だ」「整形外科に通ってみたが良くならない」「このままだとバネ指になりそう?」など悩みのある方は一度にしやま治療院へご相談ください!

あなたのバネ指は改善するタイプかもしれませんから。
posted by にしやま治療院 at 20:00 | Comment(0) | 症状・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号