誠に勝手ながら12月28(木)〜1月4(木)までは休診とさせて頂きます。なお、この前後は予約の集中が予想されます。お早めにご予約されることをお勧めいたします。
最近の記事
2014年11月05日

スプーンエイジングケア

「スプーンエイジングケア」とは、加齢にともなって起こる様々な体の変化に対して「スプーン」を使ってケアしようという「にしやま治療院」独自の健康法です。

「エイジングケア」と聞くとお肌対策というイメージが定着しているかもしれませんが、ここではもう少し範囲を広げて体全体のケアという意味を込めて使っています。

体は年齢を重ねるとどうしても、あちこち不具合が出てきます。

まして何も対策をせずにほったらかしにしていると、その影響は深刻に、、、。

そこで日々のエイジングケアが大事になってきます。

手軽にエイジングケアをして頂くために、どこの家庭にもある「スプーン」を使った方法をご紹介していきたいと思います。

やり方は「スプーンを肌にごく軽くあてて動かす」という簡単なもの。

非常に簡単な方法なのですが、注意事項が3点あり、とても重要なので先にお伝えしておきます。

1、スプーンは金属製を使用するのですが、金属アレルギーをおこす恐れのある方は行わない。

2、皮膚に傷や異常がある場所には行わない。

2、絶対に強い圧力をかけない。


です。

実際にどうやって行うかは、次回以降という事にしたいと思いますので、スプーン1本を体専用に準備してお待ちください!(まずは、小さいスプーンを使います)

それでは、次回からの「スプーンエイジングケア」実践法をお楽しみに!
posted by にしやま治療院 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月12日

スプーンエイジングケア実践法

前回、初めてご紹介した「スプーンエイジングケア」ですが、注意事項だけで終わっていたので、実質今回からが具体的な内容です(前回の注意事項はしっかり読んでおいてください)。

とりあえず最初なので一番簡単な基本部分からお伝えします。

「不具合がある場所にスプーンの先端をあてて、撫でるように動かすだけ」

もうちょい具体的に言うと、、、

1、まず自分が凝りや痛みを感じる場所を動かしてみる

2、動かした時に、痛み、突っ張り、詰まり感がある場所を見つける。

3、その場所にスプーンの先端部分をあてて、軽く撫でるように動かす。

(なお、腫れや傷、熱感等がある場所はさけてください)

いや〜簡単ですね。

ポイントはスプーンを肌に触れるか触れないかぐらいの圧力で撫でる事。

動画でなく画像で申し訳ないですが、、、こんな感じでスプーンを肌に当てて、そのまま動かしていくのです。
DSC_0767.JPG

何度も言いますがホントに軽くですよ。

凝りを刺激しようとゴリゴリ気持ちよい感じでやると筋肉等を痛める可能性があり逆効果になります。

スプーンの大きさはどれでも良いのですが、まずは小さいスプーンでやる方が圧力が軽く出来ると思うのでお勧めします。

結果が出る人は1回目でも驚くほど変化の実感ができますし、1回で実感出来なかった人でも少し間をあけて何回かやるとかなり実感できてくるはず。まずは何度か試してみてください。

実はあまりに効き過ぎるので、これが一般的になると困る治療院が続出するかもしれないと今からビクビクしているのですが、、、。

強刺激の治療法や健康法であなたの体が壊されていく前にお伝えしたかったので、あえて大公開させて貰いました。

ちょっとしたコツさえ掴めば簡単なので是非マスターしてください!

(めったに無い事ですが、もし体に異変を感じた時には念のため、すぐに中止してください)

posted by にしやま治療院 at 18:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月19日

スプケア 〜スプーンエイジングケア〜

「スプケア」??

「スプーンエイジングケア」を毎回言うのは大変!という事で省略して「スプケア」とも呼ぶ事にしました。

ぎゅっと縮めすぎて「エイジング」がどこかにいってしまいましたが、、、頭の中で補って頂けると助かります、、、。

さてその「スプケア」ですが、前回やり方を説明致しましたがやってみましたか??

効果バッチリでしょう?

そうでしょう!本当に凄い技なんです!

毎日やってみてくださいね。

前回の画像だけはスプーンの使い方がよくわからなかったという人の為に動画を作ってみました。

自分のやり方が正解だったかどうかチェックしてみてください!

こちらが動画です。



いかがですか?合ってましたか??

動画にはあらたな注意事項も入っていますので、動画が見られない方の為に一応書いておきます。

1、スプーンの先端でごく軽く撫でる

2、ポイントを中心に複数回撫でる

3、往復ではなく一方向へ撫でる


以上です。

これで「スプケア」の基本はバッチリ!


posted by にしやま治療院 at 16:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月26日

40代から始める「スプケア」

どんな年代でも有効な「スプケア」スプーンエイジングケア)ですが、今すぐ是非始めて貰いたいのは40歳代の方です。

40代といえば、働きざかりですね。仕事や育児、家事などで日々忙しく過ごしていて、クタクタになっておられる方も多いと思います。

20代、30代なら少々無茶をしていても、少し休めば体は回復してくれました。

しかし、回復は歳と共にどんどん遅くなって、疲労や凝りは溜まっていくばかり、、、。

さらに、この年代はホルモンバランスの崩れも影響して自律神経失調や更年期障害の症状が現れてくる時期でもあります。

体が悲鳴を上げ始めているにも関わらず、日常が忙しいからといって、体のメンテナンスは二の次になっているなんて方も多いのではないでしょうか?

簡単、手軽、自宅でも出来るという「スプケア」はそんな日々忙しいあなたにとってぴったりな健康法です。

「スプケア」で日々メンテナンスしておいて、あとは定期的に鍼灸院でチェック

これが40代からのお勧めボディケアです!

posted by にしやま治療院 at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月03日

何故40代から「スプケア」が必要なのか?

スプケア(スプーンエイジングケア)は出来てますか?

ちゃんと実行しているあなたは効果を実感されている事と思います(ですよね?)

前回、40代からは「スプケア」を是非始めて欲しいとお伝えしたのですが、言い足りなかったので付け加えておきます。

凝りというのは日々作られています。

それを上手く解消できている間は問題ないのですが、一度たまり出すと雪だるま式に積もってしまいます。

そうやって積み重なった凝りを放置していてると、次第に体の使い方がアンバランスになります。

そうなると、一気に関節に負担がかかり骨の変形や組織変性を引き起す元になります。

こういう段階になってしまってはいくら優秀な「スプケア」といえども荷が重くなってしまいます。

「スプケア」よりもさらに優秀な鍼灸治療をもってしても、根本的に治す事は難しくなり、痛みを止めるだけの治療をずっと続けていく事になってしまいます。

しかし院長の治療経験上、40代はまだ骨の変形や体組織にひどいダメージを受けている人が少ないです。

こういった段階に移行する前。

つまり予防できる可能性が高い年代が40代だと院長は考えている訳です。

「スプケア」は日々降り積もってくる凝りを解消するお手伝いをしてくれます。

ですから40歳を越えたら是非毎日「スプケア」をやって頂きたいのです。

実はまだ40代でスプケアを始めるメリットがあるのですが、それはまた次回以降のお話という事で、、、。


posted by にしやま治療院 at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月10日

40代からスプケアを始めるメリット

40代は20、30代と違って体の不調が目につきやすくなります。

「何か今までと違うぞ?」と体の変化に気がつきやすい年代なのです。

ですから、「スプケア」(スプーンエイジングケア)の効果にも気がつきやすいので、継続しやすいというメリットがあります。

やはりいくら優秀な「スプケア」とはいえ継続して行ってもらわないと力を十分に発揮できませんからね。

これが、若すぎると不調が少なく実践するモチベーションが少ないし、歳を取り過ぎると効果が出にくい、、、。

この絶妙な年代が40代な訳ですね。

さらに、大きなメリットがあります。

それは、、、

「からだにやさしい低刺激!」

40代になると体のメンテナンスにお金と時間をかける事も多くなってくると思います。

しかし、以前にもお伝えした通り、この年代からはキツい刺激などで体を痛めつけると回復に時間がかかります。

まして、それを長年続けた結果、、、

想像したくもありません、、、。

せっかく体に良いと思ってメンテナンスしていても、キツい刺激のせいで逆に「回復を遅らせる元になっていた」なんて事も多々あるんです。

ですから、40代からの健康法選びは厳選に厳選を重ねないといけないわけです。

キーワードは「やさしい」です。

「キツい刺激」より「やさしい刺激」で長期的に実践できるもの。

これが40代からの健康法には必要不可欠だと院長は考えるわけです。

40代からの健康法=やさしい=「スプケア」という訳です

院長が魂を込めて作った「スプケア」には可能性が一杯秘められています。

忙しく、ストレスも多くなる年代を上手に乗り切っていく為に、あなたもスプーンでエイジングケアを始めちゃいましょう!



posted by にしやま治療院 at 18:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月24日

40代から必須の健康法!寝る前の「指スプケア」習慣

さあそろそろスプーン扱いに慣れて来た頃だと思いますので、院長が一番やって欲しい「スプケア」(スプーンエイジングケア)をお伝えします。

それは、、、

寝る前の「指スプケア」習慣

指の魔術師???の院長が送る「指フワこすり」に続く、「指」健康法第2弾!

このブログをご覧になって頂いてる方は「凝りをとりたいなら、まずは指を柔らかくせよ!」という院長が作った格言はもうご存知ですね。

指を柔らかくする為に「指フワこすり」と同じ事をスプーンで行います

何度も言っている様に40代を越えると、体のガタが多くなり自然回復だけでは追いつかなくなってくると思います。

寝る前に「指スプケア」を習慣づける事によって頭痛、肩こり、腰痛、不眠、更年期障害、自律神経症状、漠然とした疲労感などなど40代から多くみられる症状を軽減あるいは予防していこうというものです。

何故「指フワこすり」じゃダメなの?

何故「寝る前」なの?

何故「指」なの?

などと疑問が沢山あるでしょうが、それは追々お伝えするとして今回はやり方の説明だけしておきます。

再び不慣れな動画を作成してみましたのでまずはこちらを。



動画が見られなかった方の為に簡単に説明しておくと、、、
1、指の真横をスプーンの先端部分で軽く撫でる。
2、かならず1方向で撫でる。
3、ごくごく軽く撫でる。


です。

ちなみに、動画は「手」の指ですが、「足」の指も同様の方法で良いです。

基本的なやり方は今までの「スプケア」と同じですね。ただ指の真横を撫でるというのが付け加えられただけです。(その他の注意点も同じです、忘れた方はこちらの記事を

さあ、スプーンを用意して「指スプケア」の威力を体感してみてください!

posted by にしやま治療院 at 15:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月07日

「指スプケア」の効果は??

明けましておめでとうございます!

本年も頑張って良い治療をしていく事であなたのサポートをしたいと思いますので宜しくお願いいたします。

さて、年末にお伝えした「指スプケア(スプーンエイジングケア)」はどうでしたか?

「指スプケア」のおかげで新年から快調にスタート出来ている事と思います。

特に今までの「にしやま治療院」の健康法を真面目にやって来た人は抜群の効果が出たのではないでしょうか?

効果が出た方は「医者や薬いらず」を目指してそのまま継続してください!

あまり効果が出なかった人。

少しも変わりませんでしたか?

例えば、寝付きやすくなったとか、寝起きが良くなった、肌が変化した、ちょっと肩や首が動きやすくなった、リラックスした、、、などなど。

ちょっとした体の変化を見逃していませんか??

全くなかったという方は凝りが慢性になりすぎて効果がでるまで時間がかかっているのかもしれません。

もしくは、今までキツいマッサージや強い刺激を受けて来たのではないですか?

しばらく続けてみても全く効果がない場合は一度「にしやま治療院」にご相談ください。

変わらない原因を一緒に探していきましょう!

ただし、キツい刺激のケアを継続しておられる方は効果を期待できませんのであしからず。

こればかりは、「指スプケア」どころか「にしやま治療院」ですらお手上げなので、他の治療院へご相談ください。

ただし、他の治療院へ行く前にあと1週間だけ「指スプケア」に専念してみてください。

そして、次回の「指スプケア効果体感チェック法」を試してみてください。

次回までには無事効果が出ている事を願っています!


posted by にしやま治療院 at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月14日

「指スプケア」効果体感チェック!

「指スプケア(スプーンエイジングケア)」をやってみてどうでしたか?

効果が出る様になってきましたか?

とりあえずチェックしてみましょう!


「指スプケア」効果体感チェック!

1、まず姿勢を真っすぐにして座ります。

2、良い姿勢を保ち、顔は正面を向いたまま、首を真横に倒します。(左右とも)

3、首や肩に違和感があった側の手に「指スプケア」をしていきます。

4、特に中指、薬指の真横(指の小指側、親指側の両側面とも)を10〜15回程度「スプケア」します。

5、もう一度良い姿勢を作り、もう一度首を真横に倒します(左右とも)。


注1 効果が出ない場合は念のためもう一度同様の「指スプケア」を繰り返します。

注2 最初のチェックで「首を真横に倒しても違和感が全くないよ」という方には使えませんのであしからず、、、。


どうですか?

肩や首の違和感が変化しませんでしたか??

指が首に与える影響力が凄い事がわかったと思います。

これから自信を持って「指スプケア」を続けていってください。

ただし、現時点で効果があった人でも、ある時期岩盤にぶち当たった様に効果が少なくなる場合があります。

その時は「にしやま治療院」へ相談して頂ければそれを取り除く為の治療や方法をお伝えしますので、お気軽に活用してください。


posted by にしやま治療院 at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月21日

「指スプケア」効果をもう一度!

「指スプケア(スプーンエイジングケア)」効果体感チェックはどうでしたか?

スプーンで指を撫でただけで、動作が改善するなんて不思議ですよね。

院長自身も初めて体験した時は、「なんてこったい!」って感じでビックリしました。

でも、何度も同じ経験をするたびに「人間の体は隅々までしっかり繋がっているんだ」って実感する事ができました。

効果が無かった方は、、、残念です、、、。

効果があまり感じられ無かったという患者さんを見てると、猫背の方が多いです。

姿勢を正しくしたつもりが、若干背中が曲がっていて自分では首を真横に倒してるつもりが、ちょっとズレている方が多いなと感じました。

そこで、効果をあまり感じなかった方は中指、薬指に加えて小指も「指スプケア」してみてください。

多分これで効果がわかるようになるはずなんですが、、、。

それでも効果がない方は、スプケア自体のやり方が違ったり、肩の筋肉の質がまだまだ悪いなど様々な理由が考えられます、、、。

今までの「スプケア」に関するブログ記事を良く読み返して頂いて、しばらく継続して、もう一度チェックしてみてください。

どうしても結果が出ない方は違うやり方をお勧めしないといけませんね。

お聞きになりたい方は「にしやま治療院」へお越しください。


posted by にしやま治療院 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月28日

やっぱり「さすり」だ!

スプケアの効果は実感できてますか??

即効性もありますが、やはり地道に続けてこそ本来の威力を発揮するので頑張って続けていって欲しいです。

さて突然ですが、ちょっとここで「スプケア」及び「指フワこすり」のやり方の表現を変えたいとおもいます。

今まで、「スプケア」では「撫でる」と説明していたのですが、「さする」に変更します。

「撫でる」の方が軽くして貰えるかと思っていたのですが、意外に重くしておられる方が多く、「さする」で説明した方が軽くしてもらえるみたいなので変更します。

同時に「指フワこすり」のやり方も「さする」に変更します。ネーミングも実態と合わなくなるので再び「指(フワ)さすり」に戻そうと思います。

こちらも「こすり」に変更してみたものの、やはり圧力を強くされる方が続出してしまった為に、戻したいと思います。

どう表現したら軽くして頂けるかを試行錯誤しておりまして、色々と迷走しておりますが、内容は全く変わっていません

「軽く」出来ている方はそのまま気にせず続行してください。

また、よりよい表現があったら教えて頂けると助かります。

それまではとりあえず「さする」「さすり」でいきたいと思いますので宜しくお願いします。

ごちゃごちゃとややこしい事を言っておりますが、、、

言いたい事は「できるだけ軽く!」です。

ただそれだけを伝えるのが難しい、、、。(ああ、国語力が欲しい、、、)


posted by にしやま治療院 at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月04日

指が固い状態で寝ると、、、

以前の記事スプケア(スプーンエイジングケア)を寝る前にやって欲しいと言っていましたが覚えてますか?

「忘れた、、、」という人は是非とも聞いておいて欲しいです。

何故、寝る前に指をほぐしておく事が大事なのか少しお話しておきます。

そもそも、指が固い状態で寝るのがどれぐらい良い睡眠を妨げているのかをなかなかイメージしにくいですよね。

そこで、ちょっと想像してみてください!

両手にスキー用の分厚い手袋、両足はゴツい靴もしくはハイヒールという状態で寝てる姿を、、、

ちょっと「体に悪そうだなあ!」と感じてきましたか?

疲れも取れそうにないですよね。息苦しくなる気もしますね。

そう、手足の指がリラックスしてないという事は、それに連動した筋肉も動きにくくなっているという事

つまり体が緊張していて、アチコチが固定されてしまっている訳ですね。

寝返りするのもぎこちなくなりそうですよね。

これでは翌日疲れがとれていないのも当然ですね。

手袋と靴を脱いだ状態にするためにも、寝る前にはしっかりスプケアをしておきましょう!

posted by にしやま治療院 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年04月29日

仕事効率を上げる為にスプケア!

最近の院長はやむにやまれずパソコン作業に取り組む事が多くなってます。

元々苦手な事もあり、悪戦苦闘してるうちに肩こりや目の疲れが…。

ちょっとやっただけなのに、こんなにしんどいなんて…

日々パソコンやデスクワークで頑張っておられる方々の苦労を改めて認識いたしました。

院長は普段、肩が凝っても「指さすり」をすればすぐに解消するのに、今回はいまいち効きが悪い。

こりゃ、もう一段レベルを上げてスプケア(スプーンエイジングケア)を投入するしかないと思い、昼間からスプケア!

これが効く効く。
あらためて「よく効くもんだなあ」と自画自賛!

院長の職場は患者さんが途切れれば、人目を気にせず堂々とスプケア出来ますが、普通の職場だとスプーンを持ち出すのは気が引けて中々出来ないかもしれませんね。

でも、どこか人目につかない場所やタイミングを見つけて、こっそりスプケアしてみてください。

名付けて「隠れスプケア」(笑)

きっとその後の仕事効率が変わって来ると思いますよ。

早くスプケアが世の中に広まって堂々と出来るようになるといいんですけどね〜。


posted by にしやま治療院 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月15日

夏の肩こりはスプーンで解消!

夏こそ「スプケア(スプーンエイジングケア)」の季節!

にしやま治療院で推奨してるスプーンを使った体のケア方法「スプケア」はこの季節がとてもやりやすいです。

夏は首、肩、肩甲骨周りなど上半身が凝りやすい季節。

スプーンが届きやすく、気軽に患部のスプケアがやりやすい部分ですね。

冬にスプーンを使って肩や背中などをさすろうとすると「寒い」「冷たい」と感じて敬遠しがち、、、。

しかし、夏はこの「冷たさ」が心地よかったりします。

ただあまり「冷たさ」を重視すると圧が強くなりがちなのでそれは注意してくださいね。

あくまで、触れるか触れないかの圧力。この圧力でさすった時には意外と冷たさはそれほど感じなくなるものです。

まあこれはやっていくうちに徐々に覚えるとして、まずは暑い夏を利用してジャンジャンとスプーンでさすっていってください。

さらに嬉しい事に暑い夏は、他の季節に比べて血流が良いのでスプーンでも凝りを変化させやすい。

冬や春に効果がわかりにくかったという人ももう一度チャレンジしてみてください!

きっと今度は効果がよくわかるはず!(強いマッサージや強い薬、湿布をしてる人は無理ですけど、、、)

夏の肩こりは「スプケア」で乗り切りましょう!

「スプケア」とはなんぞや??と思った方はこちらをクリック
posted by にしやま治療院 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月05日

熱中症を予防しよう!良い睡眠の為のスプケア。

連日暑い日が続いていますね。

熱中症にかかる人も多くなっているようなので、皆さんも十分に気をつけてくださいね。

さて、その熱中症予防に水分や塩などのミネラル分を摂取するのはよく知られていますね。

しかし睡眠をしっかりとる事も予防の一つだと知っている方は少ないのではないでしょうか?

睡眠不足になると、自律神経のコントロールが効きにくくなってきます。

自律神経は体の循環、代謝、発汗、体温調節、呼吸などを調節しています。

つまり、自律神経がおかしくなると体の熱や水分をコントロールしにくくなり熱中症にかかりやすい状態になってしまうのです。

そこで、少しでも良い睡眠をとる為のひと工夫をお伝えしておきます。

それは、、、

ご存知「スプケア(スプーンエイジングケア)」です。

特に、より自律神経に作用させる力が強い「指スプケア」がおすすめ。

手足の全ての指(真横部分)を順番にスプーンでさすっていってください。

特に足の指が重要なので入念に行ってください。

1周で無理なら、2周、3周と繰り返しやってみてください。

入念にやれば、2周目が終わる頃には大分眠くなってくると思います。

コツは「面倒くさいんだけどなあ」と思いながらやる事

これは意外ですよね〜。

「これを3周完璧にやらないと寝たらダメだ」とか固く考えると頭が冴えてきて眠れなくなるので、おまじない気分で「とりあえず1周くらいはしておくか〜」って感じで気軽にやると逆にリラックスしてくるものです。

もちろん、さするのが適当になってはダメですよ。「正確な場所」「皮膚に触れるか、触れないかの圧力」はちゃんと守ってくださいね。

あれ?説明を聞いてるだけで面倒くさくなって眠たくなってきてませんか(笑)。

3周くらいやっても全然眠くならない時は少し時間をおいてからまた同様にやってみてください。

途中で起きてしまった時にもすぐ出来る様に手の届く場所にスプーンをおいておきましょう!

当然の話ですが、室温があまりにも高い場合は「指スプケア」といえども効果が鈍くなりますので、できるだけ部屋を適温に調整してから行ってくださいね。

毎日「指スプケア」する事で熱中症を少しでも予防していってください。

「指スプケア」の詳しいやり方はこちらをご覧ください)

posted by にしやま治療院 at 17:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年08月12日

寝つきの悪い子供にスプケア!

「子供にも指スプケアを!」

急に標語みたいな言葉から始まりましたが、前回お伝えした寝る前に「指スプケア(スプーンエイジングケア)」をやってみましたか?

かなり良い眠りになったのではないでしょうか?

指をスプーンでさするだけで、それだけ効果を発揮してくれるのは驚きですよね。

さて「効果が抜群にあがった」という人はその感動のまま他の人にも教えてあげてください。

特に若い人。できれば子供。

特にこの時期は親戚や友人同士の集まり、イベントなどで子供たちと触れ合う機会がいつもよりも多くなるかもしれません。

「明日朝早いのにテンションの上がった子供達がなかなか寝なくて困る!」

「子供たちの調子がイマイチなので、予定のイベントをキャンセルしないといけないかも!」

「何故かイライラしてる」

もしそんなシーンに出くわしたら「指スプケア」を試してみてください。

子供は大人よりスプケアをした時の反応が良いので、想像以上に良い結果が出るかも知れません。

自分では効果が無かった人でも、子供への効果を見て改めて凄さに気がつく事が出来るかもしれませんのでダメでもともとという感じでやってみてください。

ただし、子供に「指スプケア」をする時に注意点があります。

「ごくごく軽くやる事」

「あれ?これ毎回言ってる事だよね?」と気がついた人は素晴らしい。よくブログを読んで頂けてる証拠ですね。

そう、毎回のように言ってる事なんです。でもちゃんと軽くできてる人は少なかったりします。

大人なら多少キツくなっても大丈夫な面があるのですが、大人より皮膚の繊細な子供は強くしすぎると弊害が大きくなってしまいます。

だから「ところどころ空中に浮いてしまうぐらいの軽さでさする」と子供にとっては丁度いい軽さになるとおもいます。

皮膚がへこむ程の圧力がかかっていれば、それは重すぎるので注意です。

う〜ん、説明が難しいですね〜。

まあ、とにかく軽く(笑)

いつもの言い方だと「触れるか触れないかで軽く」さすってください

みんなで「指スプケア」をして夏休みを楽しみましょう!


注 金属アレルギーのある子供には「指スプケア」の代わりに「指さすり」をしてあげてください。

指スプケアとは何?という方はこちらをご覧ください。

指さすりとは何?という方はこちらをご覧ください。
posted by にしやま治療院 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年04月27日

あごが固い

顎関節周囲は凝ってませんか?

あごを動かした時に、耳の前あたりでよく動く場所があると思います。

その辺りが顎関節付近なのですが、ここが凝りでカチカチに固まっている人が非常に多いんです。

ここが硬いと顎関節症の原因にもなります。

顎関節症とは口を開ける時に音がしたり、口が開けられなくなったり、口を開ける時に痛みが出たりする病気です。

これは何となくイメージがつきますね。

でも、実は肩こりとも関連が深いんです。

緊張する場面が多い人によくみられるのですが、体が緊張していくにつれ、知らず知らずのうちに歯を食いしばってたりします。

顎関節周囲の緊張は首、肩へ影響を及ぼします。

さらに、これと姿勢不良がセットになると、頑固な肩こりへと繋がっていきます。

姿勢不良に関しては治療院に任せるとして、顎関節周囲の緊張緩和だけでもセルフケアしておいたほうがいいです。

セルフケアはもちろんスプケア(スプーンエイジングケア)です。

顎関節の周囲を上下の方向にスプーンの先端部分で軽くさすりましょう!

顎関節だけでなく耳の前やこめかみ、頬の部分までエリアを広げるとより効果的です。

顎関節が気になる人はもちろん、肩こりが気になるという人も是非やってみてください。

(参考 スプケアの記事
posted by にしやま治療院 at 19:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号