最近の記事
2012年03月25日

接触鍼とは?

接触鍼とは文字通り皮膚に鍼の先を当てるだけの鍼です。

そんなので本当に効くの??

それが驚く事に効くんです!!

体の内部の状態はお肌に現れてきます。

赤ちゃんのお肌はすべすべ、つるつるですよね。滞りがすくなく循環がいいですからね。

でも歳を取ってくると段々ガサガサ、ざらざらになってきます。

歳を取っていても女性の方などはお顔が非常にすべすべされている方は多いです。

でも、お顔も体も両方すべすべされている方は少ないのでは??

それは体内循環がどこかで悪くなって、体の表面に栄養が十分行き渡らなくなった証拠です。

お肌がよくなるような治療をすれば、自然と体の内側も綺麗になってくるという事です。

即効性を出す為に奥の滞りを一気に取る治療が一般的かもしれません。

でもそれでは体表面が破壊され、体内部のサインが歪められてしまいます。

体の訴える本当の声が聞こえなくなってしまうんです。

上から一枚一枚層をはがすように丁寧に治療していく。

その為には接触鍼でないとダメなんです。


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 15:36 | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年03月30日

接触鍼のよく効く人

接触鍼は誰でも効かす事が出来るのですが、効果の出やすい人と出にくい人があります。

効果の出やすい人は
1、今まで、強いマッサージや強いマッサージ機、キツい整体などの治療を受けてない人。

2、症状が出てから時間がたってない人。

3、食生活に気をつけてる人。

4、痛がりの人などです。

効果の出にくい人はこの逆の人ですね。


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 11:39 | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

接触鍼の苦手な体

接触鍼の苦手な体は強い刺激の治療法を受けた体です。

強い刺激の治療法とは、キツいマッサージやキツいマッサージ機など筋肉の層をおかしくしてしまうぐらい強い治療の事です。

軽いマッサージとかだと物足りないっていう人はこれに該当してきます。

バームクーヘンの層を上から丁寧にはがすと、ぐるりと一段の層が全部はがれてくれますよね。

強い刺激を受けた体はこの層がぐちゃぐちゃに潰れてる。

もしくはあちこちかじられてるとイメージしてもらえるとわかると思うんですが、層が上手くはがれなかったり、チマチマ部分的にはがさないといけなかったりと、非常に手間がかかってしまいます。

バームクーヘン2.jpg

接触鍼の治療もこれと同じ感じで綺麗な層に到達するまで時間がかかるので、効果が出る迄に何回も治療を重ねないといけない訳です。

バームクーヘン3.jpg


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 12:43 | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早めの治療

症状が出てから時間がたってない人は、浅い部分での変化の可能性が高いです。

バームクーヘンでいうなら、1、2層目の変化ってところでしょうか。

ペリ、ペリとめくれば解消となりますね。

但し、強い痛みや内臓から来る痛み、昔に一度痛くなった場所だったりすると、症状の根っこ(バームクーヘンの層)が深い可能性が高いので注意が必要です。
どちらにしても早めの対処が大切です。



↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 16:44 | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食生活

食生活に気をつけてる人は、接触鍼が効きやすいです。

老廃物が筋肉にたまりにくく、バームクーヘンの層が出来にくいんでしょうか。
血流も良いように感じます。

良い食生活と言っても難しいんですが、3つ程簡単にポイントを上げ挙げておくと、

1、冷たい状態の物(アイスクリームとかジュースとか)を極力とらない!

2、お菓子や甘いものなどを食べ過ぎない!

3、野菜を多めにとる!

かなりザックリしたアドバイスですが、食生活に気をつける事が凝りの改善の第一歩なので是非実践してみて下さい。


なお、あくまでも健康体を前提としたアドバイスなので、病気の人や症状の重い方は医療機関、もしくはにしやま治療院で直接アドバイスを受ける様にしてください。

↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 16:48 | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痛がりの人

痛がりの人は、それだけ体が敏感と言う事です。

それだけバームクーヘンの層が薄いと言えるかもしれません。

痛みや凝りを感じやすい人は逆に良い体になりやすいです。

人間はちょっとハードな活動をすれば、筋肉に疲労がたまるのは当たり前です。

ここですぐ凝りや痛みを感じてくれれば、さすったり、ちょっと動かしてあげるだけで凝りが取れてくれます。

しかし、この凝りや痛みのサインをほったらかしにすると、痛みの感覚が麻痺してきて、痛くなくなります。

これは解消されたのではなくて、バームクーヘンの層がひとつ増えたというサインです。

それを考えたら怖くないですか?

だから痛がりはいい事なんです。

そんな痛がりなあなたは「にしやま治療院」の接触鍼パイオネックスがバッチリ合うと思います。


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 16:59 | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月07日

銀の鍼

にしやま治療院では銀の鍼を主に使っております。

銀の鍼??銀ってあの銀?

そうです、銀時計や銀食器などで有名な銀です。

一般的に鍼はステンレス製が多いんです。

奥の筋肉まで刺し込まないといけないので、強くて、曲がりにくいステンレスは最適なんですね。

でもにしやま治療院では、深くさす必要は無いので、銀の鍼を使用してるわけですね。

では銀の鍼の特徴はというと、殺菌性に優れてる、電気抵抗が低いため皮膚の状態を変化させやすいなど難しい作用もあります。

でも一番わかりやすいメリットは皮膚へのあたりが柔らかいという事です。

銀の鍼は柔らかいので皮膚にあたってもそれほど刺激はありません。

さらに力任せに刺そうとするとすぐ曲がってしまうので、痛い鍼がしにくくなっています。

このように極力刺激は少なくというにしやま治療院のモットーは鍼一本にも生きています。


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 15:09 | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

使いすての鍼

にしやま治療院では鍼は全て使い捨てにしております。

やはり、皆さん感染の問題が一番気にされる事だと思いますので安心して治療を受けて頂く為に使い捨てにさせて頂きました。

昔は銀鍼の使い捨て用は質があまり良くなかったのですが、最近は非常に良くなりまして、皆さまにも満足して頂けると思います。

安心してご来院下さい。


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 15:13 | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月12日

鍼灸治療の有効な使い方

鍼灸治療は最終手段と考えておられる方が多いと思います。

どこに行っても治らなかった病が鍼灸治療で奇跡的に回復

そんなエピソードが多いせいでしょうか??

確かに西洋医学で回復が思わしくないような病も治る時があります。

実際、にしやま治療院でも何度も経験してきました。

しかし、それは鍼灸治療の本来の使い方ではありません。

本来の使い方は予防なんです。

詳しくはまた書く事にしましょう!


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 16:31 | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年04月13日

予防の鍼灸

重病治療など、最後の砦の役割は西洋医学の方が優れてると思います。

病院に行っても病名がつかないような些細な症状を大きな被害にしない。

治療の最初の入口、それが鍼灸治療の得意とする場所です。

もっと言うなら鍼灸本来の守備範囲は予防にあります。

痛みや病を起きにくい体にする

もし、起きたとしても被害を最小限に食い止める。

こんな風に体の良い状態を保つ為に鍼灸治療を活用する。

そうして頂けると鍼灸の能力が最大限発揮されます!


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 13:35 | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月18日

リラクゼーション鍼灸?

にしやま治療院では治療中寝てしまう患者さんが大半です。

1回目から寝るという患者さんは「鍼灸」という響きに恐怖を感じているせいか、さすがに少ないですが、2、3回目ともなると気持ち良さそうにスヤスヤと寝ておられます。

これは、新たな分野「リラクゼーション鍼灸??」とでも言えるでしょうか?

こんな事が出来るのも痛くない鍼の手法である「接触鍼」と熱くないお灸での施術を行っているからです。

にしやま治療院でリラクゼーション鍼灸体験をしてみませんか?


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月21日

リラクゼーション鍼灸2

前回は鍼灸治療中に寝てしまう患者さんが多いというお話をしました。

良く聞く言葉が「寝てしまってすいません」って言葉です。

どうぞどうぞ存分に寝て下さい。

何しろ「リラクゼーション鍼灸」ですからね〜。

中には「寝てしまった、勿体無い事した」と後悔の言葉を述べられる方も。

これは、接触鍼&熱く無いお灸治療の心地良さを存分に楽しみたかったという意味なのでしょうか?

そうだとしたら嬉しい事ですね。

どちらにしても、治療中の我慢はいけません。

存分にリラックスして、存分に寝て下さい!


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月25日

男性と女性と鍼灸

東洋医学では男性は陽、女性は陰の性質とされています。

いきなり難しい話ですいません!

陽とは、外に向かって行動するイメージでしょうか。

昔ながらのお父さんって感じですね。

逆に陰は、内部でしっかり守りを固めるというイメージです。

こっちは昔ながらのお母さんって感じですね。

男女ともこのような性質に合った生活をしていると、概ね健康的に過ごしやすくなります。

最近は様々な事情から、男女とも性質と逆の働き方をしている人が多くなるにつれて、病も複雑になって来ている様に思います。

このようなズレは徐々に体に蓄積されていき、いずれ大きな病の元になりやすいです。
(参考 防犯ベルのページ)

こうした体のズレを上手く修正して貯めないようにする為に行うのが鍼灸術な訳ですね〜。


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年08月29日

ストレスと鍼灸

にしやま治療院でも行っている伝統的な鍼灸術の凄い所はストレスが病気を引き起こす大きな要因と考えている所です。

西洋医学ではおそらく心療内科など一部の科でしか重要視されてない分野だと思われます。

ストレスが生む体のズレ

それを解消していく鍼灸

すばらしいですね〜。

これだけストレス社会になっているのに、治療の空白地帯になっているストレスに対してアプローチしていく鍼灸はこれからもっともっと注目されてくるだろうし、されないと勿体無いと思います。

鍼灸が活躍出来るようになるためにも、にしやま治療院はもっともっと頑張らないといけませんね。


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月05日

イライラと鍼灸

前回はストレスが体のズレを生むってお話をしました。

ストレスといっても色々ありますね。

患者さんにお聞きしてて、一番多いのは「イライラ」のストレスですね。

こういった「イライラ」のストレスは体の横側にズレを作っていく事が多いです。

体を横に倒す首を横に倒すといった動作をすると痛みや違和感が出る。偏頭痛がする。といった症状に繋がっていきます。

明確にイライラしてる事がわかっている場合はまだいいんです。ストレスを解消しようとして行動するので、、、。

でも普段からイライラしてる覚えがないのに体の横側に症状が出ている。

そんな方は要注意!

知らないうちに体のズレが大きくなり、深い凝りを生んでしまい、やがてキツい症状が現れて来てしまいます。

急いでイライラの原因を探してみましょう!思い出すだけでもちょっとは解消する事につながりますので。

もちろん、イライラしてる人、イライラにきづかない人、どちらも鍼灸を受けてズレを解消していく事をお勧めしておきますけどね(宣伝!)


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月12日

悩みと鍼灸

悩みもストレスになります。

悩みというか、あれこれ考えると言った方がいいでしょうか。

明日の発表どうやってやろうとか、仕事の段取りをどうつけようとか、あの人と上手くやっていくにはどうしたらいいだろう。

などといった日常の何気ないものから、これから人生どうしていこう、自分ていったい何なの??などといった壮大で深い考え(悩み)もあります。

ちょっと考えたりするのは当たり前の事なので、それほど問題にはならないのですが、考え込みすぎる悩みすぎるとなると色々体にも問題が出て来ます。

夜になると考えすぎて眠れなくなるというのも一つの症状ですね。

こういったストレスが体の前側に歪みを作りやすくなります。首を後ろに倒す(前が痛む)、腰を反らす(反らしにくい)、膝を曲げる(前面が痛い)、つま先を伸ばす(甲側が痛む)などの動作がしにくくなっている場合が多いです。

鍼灸治療ではこういった前に出る歪みを中心に取り除いていく事になります。

よく考え込む人は勿論のこと、これまた知らないうちに体の前側が硬くなっている人がいたら要注意です!

一度チェックしてみてください!


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 13:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年09月19日

恐怖と鍼灸

恐怖というのも体にとってストレスになります。

恐怖にも色々ありますね。

怖い人が近くにいるとか、勉強してないのにテストがあるとか、急に処理しなくてはいけなくてパニック気味になるという恐怖もあります。

こういった比較的軽い恐怖が一時的に起きた場合は体は勝手に解消してくれるので大きな問題が起きる可能性は少ないです。

でも、それが1週間、1ヶ月、1年と行った様に長期に渡って継続している場合は中々解消されず、深いズレが残ってしまいやすいです。

さらに大きな事故にあったり、本当に身の危険を感じる様な恐怖、トラウマになるような恐怖は一瞬であっても深いズレを作りやすくなります。

こういったストレスは体の後ろの症状として現れやすくなります。

首を前に倒しにくい(首の後ろ側が痛い)、立位体前屈(いわゆる膝伸ばして床に手をつけるような動作ですね。)がしにくい(背中が突っ張って痛い、膝裏辺りが突っ張って痛い、ふくらはぎが張って痛い)、体育でよくやるアキレス腱を伸ばす体操がしにくいなどといった動作がしずらくなりやすいです。

鍼灸治療では体の後ろ側に出てる歪みを中心に取り除いていきます。

上に書いた動作がしにくいという方は一度何か恐怖がないか思い出してみてはいかがでしょうか?


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月19日

ウォーキングの前に鍼灸を!

今年の奈良は梅雨真っ最中でもあまり雨が降りません。今期はこのまま空(から)梅雨なのでしょうかね〜。

さて、ダイエットの夏??を前にして「ウォーキングを始めよう!」と思っているあなた。
とても素晴らしいですね〜。

でも、その前に膝関節と足首周りのコンディションを調えておきませんか?

アチコチの関節に痛みを持っている関節リウマチの患者さんなどが梅雨時期はホントに辛いとよく言われるのですが、実は湿気の多いこの時期は関節周りの症状が出やすい時期でもあるんです。
それを知らずに張り切ってウォーキングを始めたら、目的達成前に膝痛で途中リタイアなんて悲劇ですよね。

中には「もう運動なんてしない!」とか言って引きこもってしまう最悪なパターンも、、、。せっかく楽しい夏を迎えられるはずがそれはあまりにも残念。

そうなる前に予防しておきましょう!自分のコンディションがわかっていれば、運動の強さもコントロール出来るし、なにより安心して運動が出来ます。

にしやま治療院ではあなたの体型、バランスに合わせた治療とアドバイスをさせて頂いております。もちろん、この時期に効果的なお灸もあなたに合わせた最適な場所を選んで伝授いたします。

鍼灸治療を上手く利用して、楽しい夏のご準備を!


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月10日

鍼灸エリート達の体

暑いですね〜。奈良でも梅雨明けして夏本番を迎えました。前回まで何回か連続して続いていた「院長がブログを書く日は雨が降る」というジンクスも梅雨のせいだったようで(ホントに??)、今日はよく晴れております!

さてさて今回は鍼灸治療のお話です。

肩凝りや腰痛など体の不調を抱えているにもかかわらず、病院に行く以外ではどんな治療をしていいかわからない人には、絶対に鍼灸治療(接触鍼)をお勧めします。

何故か?

体にとって圧倒的に優しいからです。
生まれてから、今まで鍼灸治療以外(病院を除いて)受けた事がないという人がたまにおられます。
まさに鍼灸エリートですね。

そういう人の体はちょっと鍼をするだけでも体が素直に変化してくれます。1鍼、1鍼の変化が非常に大きいです。これは体の状態があまりこじれておらず本来の自然治癒能力を発揮しやすい状態を保っている為と院長は考えています。

一方で強いマッサージを頻繁に受けてたり、強く叩いたりして筋肉の状態を悪化させてしまってる人は、鍼が効かない訳ではないですが変化が非常にゆっくりになってしまいます。治癒までの平均治療回数は鍼灸エリートさん達に比べてはるかに多い傾向があります。やはり、体は正直ですね。

ただ、鍼灸と聞くと何だか怖い、痛いイメージがありますよね。実は院長自身も体に刺す一般的な鍼灸は体が受け付けません。ここだけの話ですがブスブス刺される鍼灸学校時代の実技時間後は毎回しんどくなっていました(笑)。

しかし出会ってしまったんです。鍼を体に触れるだけでほぼ治療出来てしまう「接触鍼」という技に。

もう感動ものです。鍼を体に触れるか触れないかぐらいで治療されるので、ホントに鍼してるの??って感覚。治療中は身構える事もなくむしろ睡魔が襲ってくる位。でも治療後は体が軽くなってる不思議さ。1、2歳の子供だって、90歳を越えるような高齢者だって平気で受ける事が出来る鍼灸

何故世の中の鍼灸術はこのやり方ばかりにならないんだろうと思った位です。(身に付けるのが超難しいというのは当時は知らなかったもので…おかげで厳しい修行に苦労させられました。)

ちょっと話がそれましたが、体に不調はあるけど、どんな治療を受けたら良いかわからず悩んでおられる方に提案させて頂きます。体に優しい「接触鍼」を受けて、鍼灸エリートみたいな体を手に入れませんか?


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年07月17日

凝りの大陸と接触鍼

にしやま治療院でよく言う例え語録の中に「凝りの大陸」というのがあります。

これは凝りがとても広い範囲に渡って大きな大陸の様になっている状態を指します。
実は凝りにも色々な段階があるんですね〜。

1、「凝りの大陸」段階
こういう人は凝っている感覚すら既に失っていたり、「肩全体が凝る、重だるい」「腰全体が凝る、重だるい」など広く、漠然とした訴えをします。凝りの段階は重く、凝りもガチガチの為、症状が改善するまで多くの時間を費やす事になります

2、「凝りの小さい大陸」段階
「凝りの大陸」段階にあった患者さんの治療が進んでいくと、「凝りの大陸」が小さい大陸に分裂していきます。この辺りから、「ここが凝る」「この辺が痛い」など患者さんも明確に凝りの場所をピンポイントで指し示す事が出来るようになります。
一見以前より症状がキツくなるので、不安になる方も多いのですが、凝りの状態としては軽くなっています。
動かすと「グキッ」とか「グジュ」とか大きな音が鳴ったりするようになるのもこの段階の時が多いです。

3、「凝りの小さな島々」段階
さらに治療が進むと、小さい大陸がさらに分裂して、小さな島々みたいな凝りに変化していきます。凝りの感触も固さが取れて「プリンッ」って弾力がある感じになります。
ここまでくれば、症状も安定して、疲れると凝りを感じるものの、普段の生活では凝りをあまり感じなくなります。ちょっと動かしたり、温めたりすると凝り感もすぐ取れるような状態です。

あなたがまず目指すべき段階はこの「凝りの小さな島々」段階です。

この「小さな島々段階」へ到達する為にあなたが一番してはいけない事
それは「筋肉に強い刺激を与える事」です。
つまり、筋肉をゴリゴリ揉んだり、叩いたりする事ですね。これをするとすぐ「凝りの大陸」の段階へ引き戻されてしまいます。

にしやま治療院ではあなたを「小さな島々の凝り段階」まで上手に到達させる為、とても体に優しい「接触鍼」という手法をとっている訳です。

あなたの体に「凝りの大陸」はありませんか?そして、「凝りの大陸」を作るような事をしてませんか?
そして「凝りの大陸」を一緒になくしていきませんか?



↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号