最近の記事
2019年01月30日

インフルエンザ

「凝りの芯」の続きを書こうと思ったのですが、院長がインフルエンザにかかってしまい今回はこのお話しをさせていただこうと思います。

前週木曜日に急に発熱してインフルエンザにかかってしまいました。
院長にとっては実に約20年ぶりぐらいのインフルエンザ発症です。

発熱自体は38度4分ぐらいまでしか上がらなかったので大したことはなかったのですが、頭痛が酷かったです。
こんな機会めったにないので、高熱時の治療法を色々試したいという最初の意欲もだんだん削がれていき、ただひたすら寝て回復を待つという極々普通の治し方をしていました。

これまでかからなかったし、対策もしていたつもりだったので本当にびっくりしました。
ただそれが油断に繋がったのかなあという気もします。

いつものような「喉が痛いなあ」とか「寒気がするなあ」という症状がなく、「肺の奥の方(気管支の先端付近?)に痰か何か引っかかってるのかなあ」という感じがあった後すぐ発熱だったので対処が遅れた感じになってしまいました。

普段なら寒気がしたら葛根湯、強い寒気の時は麻黄湯を飲んで割と対処できていたんですが(あくまで院長の場合なので皆さんは体の状態によって対策は変えてくださいね)、今回は典型的な前駆症状がなかったので初動が悪くどんどん症状が悪化した感じでした。

ただし、病院で抗インフルエンザ治療薬やその他適切なお薬を処方して頂き、服用したらすぐに症状も落ち着き土曜日朝には熱も下がり、その他症状も快方へ向かいましたので、一安心でした。

年明けから何度か漢方薬の力を借りて体調維持してた場面があったのですが、そっちの方が手軽すぎて、原点の体と心を休めるという事が疎かになってた部分もあったかも知れません。反省ですね。

今回の件で、せっかくご予約して頂いていた方々、お電話頂いた方々の治療が急遽出来なくなってしまい大変申し訳ありませんでした。
治療を楽しみに待って頂いていた方、症状がキツイ状態なのに治療ができなかった方、久しぶりの治療だったのに延期して頂いた方など色々な方にご迷惑をおかけしてしまいました。

しっかりと休養を頂き、体と心をリフレッシュさせて頂いたお陰で元気になりました。
体調万全の状態でお待ちしておりますので、安心してご来院ください。

まだまだインフルエンザが非常に流行っているようです。
皆さまもお気をつけください。


posted by にしやま治療院 at 19:23 | Comment(0) | にしやま治療院の治療方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号