最近の記事
2018年12月05日

早く治りたい病

「早く治りたい病」といっても、そういう病が実際にある訳ではなくて院長が勝手に名付けてるだけなのですが、結構厄介なんです。

誰しも「早く治りたい!」と思うのは当然ですし、そう思って貰わないと改善もしにくいのでとても良いことなのですが、「早く治りたい」という気持ちだけがやたらと空回りしてしまう状態「早く治りたい病」と名付けてみました。

病院にお世話になるような重病や重症の方は置いておくとして、普通に鍼灸院に来られるような軽めの症状の場合、継続的な治療と適した健康法を継続することで大抵は改善します。

しかしこの病にかかってしまっている人はそんな症状でさえも治らなかったり改善スピードが異常に遅かったりします。

この病にかかっている人にある程度共通しているのは「すぐ目移りする」というものがあります。

例えば、「コロコロと病院や治療院をすぐに変える。」

「テレビなどで健康法を見たらすぐにやるが、すぐやめる。」

「見切りが早く、すぐに結果が出ないと違うものを探す。」

「すぐに症状が消えるような一発逆転を狙いがち。」

「地味だったり、面倒な健康法はやらずに、派手な謳い文句や超簡単!といった健康法ばかりする。」

などなどです。

どれも心情はとても良く分かるし、時にこっちの方が正しい選択のこともあるので、全くダメという訳ではないのですが、当てはまる項目の多い人で、「全然治らない!」と思ってる人は少し立ち止まって考えて見る価値はあると思います。

人の体で症状が出る時というのは、色々なケースが考えられます。

ごくごく軽い場合、少し慢性になってる場合、症状が酷く出る場合、回復が極めて難しくなっている場合などなど。
もちろん他にも一杯あります。

その状態、状態によって治療や健康法は違うはずなのですが、なぜか同じ症状なら同じ状態であると錯覚しがちなのです。
当然、悪い状態の時ほど時間と手間がかかります。

それがこの「早く治りたい病」の落とし穴になります。

なぜなら、悪ければ悪いほど簡単には治らずに、一般的な治療や健康法を軽くやっただけでは結果は出ない訳で、それがどんどんと焦りと苦しみに繋がってきてしまうからです。

にしやま治療院ではあなたの体で起きていると考えられることを、出来るだけわかりやすくお伝えするようにしています。
そして、それに最適だと思う治療や健康法をお勧めしています。


まどろっこしい事はいいから「早く治してくれ」と思うかもしれませんが、そこは少しだけ耳を傾けていただけると幸いです。
「早く治りたい病」をまず治すことが、本来の症状を取る最短距離だと思っていますので。

「早く治りたい病」を治して、「早く治りましょう!」。
(なんだか早口言葉みたいになってしまいましたね!)



posted by にしやま治療院 at 20:59 | Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号