最近の記事
2018年10月31日

冬でも裸足?

部屋の中で今でも裸足の方はいますか?

もうすぐ暦の上での冬が訪れます。
今でもかなり涼しくなり、朝晩などは寒いぐらいの日も多くなって来た中、まだ裸足でも特に問題を感じていない人はちょっと足の状態を確認しておいて欲しいです。

裸足で過ごすことは大変良いことなのですが、それは足の血行が非常に良い状態であることが条件です。

もし足を触って冷たくなっているとしたら靴下を履いたり、温めたり、運動したり、鍼灸治療したりして解消しておくことをお勧めします。

触って冷たいかどうかよく分からないという方でも、冷たい床の上を歩いても全然平気という方は一旦冷え対策をしばらく実行してみて変化が起きるかどうか確認してみてください(1回、2回では変化がないことも多いです)。

そういう方は「足の冷え知らずなんです」と自信マンマンにおっしゃる事が多いのですが、ほとんどがカチカチに固まってしまっています。
そしてそれをほぐしていくと足の冷えを感じるようになってきます。

冷えを感じるようになると「体が弱くなったのですか?」「こんなはずじゃないのに」と心配される方もおられるのですが、そこは心配ご無用

正常な感覚が戻りつつある証拠ですから。

足に限らず、体は冷え固まりすぎると感覚が非常に鈍くなります。
感覚が鈍いまま過ごしているといつか急に痛めることがあります。

そして、その時は大抵キツイ痛みや症状になります。

に突入してしまうと、体全体の血流も低下しやすい為に、カチカチに固まった凝りをほぐすのがとても難しくなってきます。
今のうちに凝りと冷えを取り除いておきましょう!

posted by にしやま治療院 at 16:05 | Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号