最近の記事
2018年07月25日

猛暑では自律神経に注目しよう!

相変わらず猛烈な暑さは続いていますね。

毎日エアコンをガンガンとかけている事と思います。
命に関わるような今の暑さではそれは仕方のないことです。

ただ、さすがにエアコンを効かせすぎると体に変調が起きてしまうと思います。
例えば、「体の節々がだるい」「関節が痛くなってきた」など。

だるさや痛みの程度にもよりますが、大抵は患部をさすったり、動かしたり、温めたりするするだけでも緩和すると思います。

しかし、全身の倦怠感、頭痛、食欲異常、下痢、睡眠障害などなどが現れるようになるとちょっと心配になってきます。
こうした症状は自律神経が大きく関わってくる症状です。

エアコンの効いた場所から、暑い場所へ出て、また冷えた場所へ、、、と繰り返していると体温調節を司っている自律神経に大きく負担をかけることになります。

その期間が長く続けば、自律神経のバランスを崩して、先ほどのような症状に長く苦しむことになってしまいます。
そうなる前に、あるいはもう症状が出てるという人はそれ以上悪化しないように対策が必要になります。

根本的には冷やし過ぎに注意することが大事なのですが、熱中症との兼ね合いもあるので、あまり室温を高く設定するのはちょっと難しいかもしれません。もちろん十分に注意しながら室温コントロールすることにはチャレンジしてくださいね。

それなら体の方で対策していかなくてはなりません。
3つほどお伝えしておきましょう。

1、指さすり&体さすり
やはり、指先は自律神経にアクセスするために大事な場所なのでここが凝り固まっていると困ってしまいます。
そして皮膚表面もとても自律神経と密接なので、ここに刺激を与えることも有効だと思います。

2、背骨動かし
少し前の記事で「ストレス解消するのに背骨を動かしましょう」という提案をしたと思うのですが、自律神経は背骨を中心にして全身に広がっているので背骨が固まっていると働きが鈍ってしまいます。

3、脈を診ながら行う鍼灸治療を受ける
自律神経の状態は脈にも現れやすいです。ですから脈を診ながら体の調整をしてくれる鍼灸院で体を整えておきましょう。

自律神経の働きに十分注意しながら猛暑を乗り切りましょう!


(背骨の動かし方の参考記事 
循環力を維持しよう5はこちらから
posted by にしやま治療院 at 20:27 | Comment(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号