最近の記事
2017年07月05日

肩甲間部の凝り

肩甲間部は凝っていませんか?

肩甲間部とは背骨と肩甲骨の間の部分です。

肩こりというとよく肩揉みをしてもらう部分(首〜肩関節の間)を思い浮かべると思います。

そこは割と自覚症状が出やすく、すぐ気がつきますからね。

でも肩甲間部の凝りはあまり自覚しにくく、放置されることも多いので大抵はカチカチに固まっています。

実はここの凝りを解消しないと肩こり全般は解消しにくいです。

ましてここが硬いと肩関節の動きも制限されていき、ゆくゆくは五十肩の原因にもなりかねません。

もし今あなたが肩甲間部に凝りを感じているならラッキーです。

まだ凝りが浅いか、治療に良いタイミングの可能性が高いからです。

肩甲間部に凝りを感じていなくても、肩こりが酷くなかなか症状が取れないという人は一度、肩甲間部の状態を鍼灸院で診てもらってください。

最後に肩甲間部は筋肉が何層にも重なっており複雑です。決して乱暴な処置をしないようにしてください。

例えば、どこかの角で肩甲間部をぎゅーっと押すとか、硬いものを肩甲間部に当ててゴロゴロするとか、、、。

これをされると治療をするのが非常に困難になってしまいます。

肩甲間部が気になったら、肩甲骨自体を動かす程度の応急処置に留めて、すぐに鍼灸院を訪れましょう!


posted by にしやま治療院 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号