最近の記事
2016年12月07日

日常に潜む意外な癖

生活にすっかり溶け込んでしまって、認識していない体の使い方というものがあります。

例えば「テレビ」。

普段家でテレビを見るときの場所や体勢は大体決まっていますよね。

やや右側にあったり、寝転ぶと見上げる形になったり。

こういう細かいですが、決まった姿勢の積み重ねが大きな凝りになっていくことも多いです。

こういう長時間静止した状態が続く場合は疲れてくることで気がつくことができる場合もあります。

でも動いている状態の時は発見がより難しくなります。

基本的に動いている場合は適度に凝りもほぐれたりするので凝りにくく、逆に使いすぎた場合はすぐ痛みや異変に気がつくので深刻な凝りに移行しにくいです。

ですから結構ノーマークになりやすいです。

でも軽い負荷を反復して続ける場合は全くわからない内に凝りが溜まってきている場合もあります。

例えば犬の散歩。

歩いているから割と障害は少なそうですが、リードを持っている手は毎回同じ手、同じ格好で持ってたりしませんか?

車のハンドルなんかも意外とクセ者だったりします。負荷のかかる持ち方を毎回してると凝りが癖付いてきてしまいます。

他にも料理中、掃除中、パソコン中、通勤中、、、などなどしばらく同じような動作が続くと思い当たった場合は変な体の使い方、手足や首など固定された使い方になっていないかチェックしてみてください。

あなたが悩んでいる慢性の肩こりや腰痛、腱鞘炎、しびれなどはこういった所から来ているかもしれませんよ。
posted by にしやま治療院 at 17:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月14日

続 日常に潜む意外な癖

前回の記事で紹介した、日常生活でついやっている癖は見つかりましたか?

見つかった人はおめでとうございます。

気がついてしまえば、ある程度対策が出来るので症状も軽くなってきていることでしょう。

見つからなかった人は困りましたね。

やはり鍼灸院で診てもらいましょう。

鍼灸師ならお話を聞いて、体を触れば大体の癖はつかめるはずです。

もちろん、超能力者ではないので毎回一発で完璧に当てられる訳ではありませんよ。

でも、ヒントは一杯出すことができると思うので、自分では気付けなかった癖が次第に露わになってくると思います。

凝りを取るのと同時に癖を修正する手法をお伝えすることも鍼灸師のお仕事の一つです。

薬や他の治療で症状を一時的に抑えられるものの一向に改善していかないあなた。

まだ気がついていない体の癖が原因になっているのかも?

思い切って鍼灸院にチャレンジしてみましょう!

ここで注意ですが、鍼灸院にも色々あってこういった事を積極的にやってくれない所もあります。

全身治療をメインにやっている所なら大体ニーズに応えてくれると思いますので「鍼活(はりかつ)」の参考にしてみてください。

(参考記事 「日常に潜む意外な癖 」(前回記事)はこちらから

鍼活(はりかつ)関連記事はこちらから

posted by にしやま治療院 at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月21日

葛根湯の使い方

おそらく一番有名な漢方薬であろう「葛根湯(かっこんとう)」

風邪といえば、まず葛根湯というぐらい有名ですし、本当によく効く漢方薬なのですが、いざ飲んでみると意外と「効かなかった」という人もいるのではないでしょうか?

効かない理由は様々あると思います。

その様々ある理由の中で院長が一番気になる点をお伝えしたいと思います。

ズバリ「飲むタイミングが遅い」ということです。

葛根湯を十分に効かそうと思うと想像よりかなり早い段階で飲む必要があります。

いわゆる、のど痛い、咳が出始めたという風邪の典型的な症状が出てからではかなり遅いか、もう葛根湯で対処すべき状態ではなくなっている場合が殆どです。

では、いつ飲むのか?

「背中がゾクゾクっとしたら」です。

思ってるより早くないですか?

もちろんゾクゾクする度に葛根湯を飲んでたら、薬漬けになってしまうので、一応ゾクゾクっとした部分を温めるか、さすってください。手足の指までさすればなお良いです。

大抵はその後はゾクゾクしなくなるのですが、それでもまだゾクゾクしてるなあという場合に葛根湯の登場です。

葛根湯をお湯に溶かす、もしくはお湯と一緒に飲んで(空腹時に)、体も保温してください。

これで本格的な風邪まで行く回数をかなり減らせると思います。

これから風邪が増える時期、最初は失敗するかもしれませんが、何度か試してコツをつかんでください。

ちなみにドラッグストア等で売られている葛根湯は種類が色々ありますが、効果を認識するためにも最初は「満量処方」(基準通りの生薬量で作られたもの)のものを選ぶと良いと思います(体が弱い、疾患がある人、薬に敏感な人などは最初から穏やかに効く処方の方がいいかもしれません)。

(注、薬添付の説明書きをよく読んで、体の症状や状態が適合している時のみお試しください)
posted by にしやま治療院 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年12月28日

年末年始を健康に過ごそう!

今年も終わりに近づいてきましたね。

この一年、にしやま治療院に来院していただいた方、並びにブログを読んでくださった皆様本当にありがとうございました。

今年も色々と健康に関しての記事を書かせて頂きましたが、参考になりましたでしょうか?

この年末年始は体調を非常に崩しやすい時期です。

これまで書いてきた記事を色々と振り返って体調管理の参考にしてください。

風邪対策に「葛根湯(漢方薬)」は持ってますか?

凝り対策に「さすり用金属スプーン」を用意してありますか?

筋肉の痛み対策に「パイオネックス(貼る鍼)」は持ってますか?

胃腸を整えるための「冷飲冷食、暴飲暴食」に関する知識は抜けてないですか?

冷え固まった時の対策に「お灸」は持ってますか?

最低限これぐらいあれば、なんとか無事に年末年始を乗り切れるのではないかと思います(詳しい使い方や知識は過去のブログに記事があるので探してみてください)。

長い年末年始でもし退屈になったら、にしやま治療院の過去の記事をじっくりと振り返って読んで頂けると幸いです。

それでは良いお年をお迎えください。

そして来年もよろしくお願いいたします。

                              にしやま治療院院長  西山 良
posted by にしやま治療院 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号