最近の記事
2016年03月02日

肩の痛み対策(胸鎖関節スプケア編)

直近2回の記事で五十肩(四十肩)の様に腕をあげる時に痛みが出る時の「応急処置」をお伝えしてきました。

今回は第三弾(今回が一番重要です!)。

「胸鎖関節スプケア(スプーンエイジングケア)」

胸鎖関節??という耳慣れない関節名が出てきましたね。

ここで「難しそう!」って思って読み飛ばさないでくださいね。肩の痛みを緩和する為にと〜〜っても大事な場所ですから。

簡単に言い直すと「鎖骨の根元をスプーンでさすろう!」というものです。

鎖骨は首の根元(のどの下の方)近くにある胸骨付近から肩関節近くまで伸びている骨です。

首の根元近くにある「胸骨」と「鎖骨」を繋いでいるのが「胸鎖関節」

首の根元中央あたりを触っていると「ポコッ」とした出っ張りが左右に触れると思います(鎖骨を見つけて、それを中央付近まで辿っていってもいいです)。

その辺りにあるのが「胸鎖関節」です。

ここで疑問が湧いてきますね。肩の痛みなのになぜ「胸鎖関節??」と。

実は腕を真上まであげる時に鎖骨も一緒になって動くのです。

その根元の胸鎖関節が固まって動いてくれないと、鎖骨自体がつっかえ棒みたいになってしまい、肩関節の動きを制限してしまうのです。

五十肩の治療をしているとよくわかるのですが、多くの人がこのポイントが硬くなっています。

そりゃあそうですよね。意識は肩にいってますからね〜。なんのケアもされないエアポケット状態になってる訳です。
(実は何もケアされていない事がスプケアには有利に働くんですがこれはまた別のお話)

でもここに柔軟性が出て、動きが良くなるとぐっと治癒に近づきます。

院長的には「胸鎖関節を制す者は、五十肩を制す」と思うぐらい大事なポイントですが、乱暴にやると痛みが出たり、逆に治癒の遅延を引き起こしたりなどの弊害も出ます。

ですから是非とも繊細に、そして気長にスプケアしてください。

「胸鎖関節スプケア」のやり方

1、胸鎖関節を見つける

2、肩が痛い側の胸鎖関節周囲を上下の方向にスプーンの先端部を使ってごくごく軽くさする(絶対に強くしないでください)。


注 肩や胸鎖関節周囲に痛みや異常が出た場合は中止してください。

肩スプケア、指スプケアに「胸鎖関節スプケア」を加える事で改善への道を一気に進みましょう!



posted by にしやま治療院 at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月09日

肩の痛み対策スプケアの注意点

肩の痛み対策スプケア(スプーンエイジングケア)を3種類(肩スプケア、指スプケア、胸鎖関節スプケア)してみていかがでしたか?

肩の痛み対策スプケアは1つ1つでもパワーがありますが、実はそれぞれ弱点を持っています。

それを3つ組合せることでそれぞれを補い合う形にしてあるので、是非とも3種類セットでやるようにしてください。

そしてこれはスプケア自体の弱点なんですが筋肉を強く「揉む」「押す」「叩く」をしてる人、湿布を同じ箇所に長期間貼っている人には効果が非常に薄くなります。

スプケアを取り入れてみようという方は首、肩、腕(手も)、背中に関してはこういった事を中断してから行うようにしてください。

ただし中断してからでも筋肉の質が改善するまである程度時間が必要です。

肩の痛み対策スプケアはあくまでも応急措置です。

効果が薄い、何度も痛みを繰り返すという方はお医者さんや鍼灸院など専門家に診てもらってちゃんとした治療を受けるようにしてください。

最後に言っておきたいことがあります。

スプケアはスプーンが皮膚に触れるか触れないか程度に「ごくごく軽く」おこなって下さい。

早く治そうとキツくするとちゃんとした効果を期待出来なくなります。

どれだけ軽く出来るかが勝負になりますのでそれを踏まえて実践してみてください。

(参考 スプケア(スプーンエイジングケア)実践法
posted by にしやま治療院 at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月16日

鍼灸治療で「ウキウキ、ワクワク」??

暖かくなったり、寒くなったりと忙しい季節になってきましたね。

まだまだ春本番って感じではないですが暦の上ではとっくの昔に「春」になっています。

東洋医学で「春」は「発生」の季節と言われています。

そういえば草木が芽を出したり、動物達の赤ちゃんが生まれたりと「発生」することが多いですね。

冬の間に蓄えられていたパワーが外に向かって出始める「春」。

人間も他の生き物と同じで段々と活動的になり始め、気持ちも高ぶってきます。

もうすでに快適に動けるし、気持ちもウキウキ、ワクワクしてるあなた。

ちゃんと季節に合わせた体にチェンジできている感じですね。

普段の健康管理が上手くいっている証拠だと思います。

「肩こりがキツくなって来た」とか「頭痛がし始めた」なんて方は元気が出始めてるけど凝りが邪魔して上手く外に発散できていないのかもしれません。

酷くならないうちに鍼灸治療でササっと治療してしまいましょう!

「だるい」「やる気が出ない」なんて症状が出始めてる方がいるかも知れませんね。

ゆったりすべき冬の間に忙しくて十分に休めてなかったり、ストレスや凝りが満載になっている人によく見られる症状ですね。

今はまだ自律神経のバランスが崩れ始めているだけかもしれませんが、これを放置したままだと完全に崩れて自律神経失調症へ移行する可能性もあります。

やや複雑な治療が必要なので少し時間はかかるかも知れませんが、今のうちにしっかりと治療をしてしまいましょう。

鍼灸治療を上手に活用して、春を「ウキウキ、ワクワク」で楽しみましょう!
posted by にしやま治療院 at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月23日

パイオネックス・ゼロのメリット

セイリン株式会社さんが作っている「パイオネックス」というシール式の鍼はこのブログでも度々紹介してきました。

にしやま治療院では欠かすことの出来ないとても効果の高い鍼です。

その商品群の中に「パイオネックス・ゼロ」というものがあります。

見た目や使用方法は通常の「パイオネックス」とほぼ変わりません

では何が違うのか?

パイオネックス・ゼロは皮膚に刺入しないタイプの鍼なのです。

刺さないので鍼をする前の消毒が省略できますのでいつでもどこでも使えるようになっています。

さらに、どうしても「鍼が体に刺入されたままは嫌だ」という方でも安心して使うことができます。

すでに「パイオネックスを使ってるよ!」という方はそのままでも構いません。

しかし今まで上にあげた理由などで「パイオネックス」をセルフケアに導入することをためらっていたあなた。

「パイオネックス・ゼロ」を一度試してみてください(セイリン株式会社さんのホームページ等で商品の説明や詳しい注意事項を確認してから購入、使用してください)。

使い方は「にしやま治療院」の過去の記事を参考にしてください。

記事を読んでも「わからない!」という方はお気軽にご相談ください!

(参考記事 「パイオネックス」に関する記事はこちらから
posted by にしやま治療院 at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | パイオネックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年03月30日

鍼灸院選びの注意点

3月も残りわずかですね。

4月から就職、転勤、人事異動などで環境が激変するというあなた。

いろいろと準備に大忙しだと思いますが、体の準備はできてますか?

慣れない環境というのは想像以上に体に負担をかけます。

しかもという季節は体に変調をきたしやすい季節。

一番大事なスタート時期に体調が悪くなってしまえば、今後遅れを取り戻すのがとても大変になってしまいます。

スタートダッシュを上手に決める為にも是非とも鍼灸を活用してください。

鍼灸の得意技はまだ本人ですら気がついていないような微かな変調を見つけて、それを事前に取り除いていくこと。

自分は症状がないから全然大丈夫と思わずに、この機会に一度鍼灸院を訪れて体のチェックをしてみてください。

そして新しいスタートを機に定期的に鍼灸院で体をチェックすることを習慣化して貰えればなお嬉しいです。

ただし、鍼灸院と言っても色々あります。

是非お勧めしたいのが「脈を診て治療をする鍼灸院」「ソフトな治療をする鍼灸院」です。

脈を診ると体の変調が色々わかります。ですからより早い段階で異変に気がつくことができます。

そして「痛い治療」を受けると「2度と行きたくない!」となってしまいがちなので、最初の一歩はソフトな治療をしてくれるところが無難だと思います。

以上を踏まえた上で、この春は鍼灸院デビューにも挑戦してみましょう!


posted by にしやま治療院 at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 肌にやさしい接触鍼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号