最近の記事
2015年09月02日

コルセット(骨盤ベルト)とサヨナラする

腰痛でコルセット(骨盤ベルト)を活用されている人も多いと思います。

このコルセットは急性期や難症状の時に大活躍してくれるものです。

院長も以前腰痛を患っていた時にお世話になりました。

しかし、このコルセットは注意しないといけない点があります。

それは「手放せなくなってしまう」事です。

急性期は筋肉に炎症が起きたりしているので、あまり筋肉は動かさない方が良いですし、動かすと痛みが増強されるのでコルセットをして動きや痛みを制限する事は有効です。

しかし、慢性期に移行していたり、もう症状がないにもかかわらず惰性や安心の為としてつけていると弊害も出てきます。

筋肉とは伸び縮みする事で力を発揮しますし、良好な状態を保てます。

しかしコルセットによってその動きを長期間制限されていると筋肉が正しく働けなくなってしまいます。

それは腰の凝りを温存もしくは作る事につながり、いつまでたっても改善しないし、体全体のバランスを崩す元にもなってしまいます。

ですから意識的にコルセット生活からの離脱をしていく事が必要になってきます。

しかし、ちゃんと見極めて外さないと「ぎっくり腰」や「神経痛」などを起こしやすいのも事実です。

外すべきでない症状や状態の場合もありますので自分の判断では行わないでください。

必ず鍼灸院など専門家と相談しながら着実にコルセットからの離脱をしていってください。

コルセットと上手にサヨナラして快適生活を送りましょう!

posted by にしやま治療院 at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月09日

咳には「手の親指さすり」

あの暑かった日々はどこへやら。

かなり気温も落ち着いてきましたね。

日中はまだまだ暑い日もありますが、朝晩に随分と涼しい日があったりと、コロコロ変わる気温差で体調管理が難しい時期です。

気をつけてくださいね。

まだ湿度が高めなのでそれほど多くないですが、これから空気が乾燥してくると「咳」で悩む人が増えてきます。

もうすでに咳が出始めてる人をチラホラと見かけるようになりました。

この咳を予防する方法の一つに「にしやま治療院」が推奨している「手の親指さすり」があります。

東洋医学では手の親指は呼吸器系と関連が深いとされております。

実際咳のひどい患者さんの親指は大抵カチカチに固まってしまっています。

その固まった指を優しくほぐしていこうというのがこの「手の親指さすり」です。

「手足をもむと病気が治る!不調が消える」(マキノ出版)というムック本の中でも紹介されていて、そこに詳しいやり方や説明も掲載されていますので一度ご覧になってみてください。

簡単にやり方を説明しておくと、手の親指(真横)を軽くさすれば良いだけです。

自分の指で「さする」でもいいし、スプーンを使って「さする」でもいいです。

現在出ている症状にも対処できますが、本来は予防のために行うものです。

本格的に乾燥し始める秋、冬を迎える前に手の親指を柔らかくしておきましょう!

(参考 指でさする時のやり方
(参考 スプーンでさする時のやり方
posted by にしやま治療院 at 16:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月16日

痛みが移動する

にしやま治療院では「前回と違う場所が痛くなった」と言われる事がよくあります。

決して治療によって新たに傷つけてしまった訳ではないですよ!

ではなぜそうなるのか?

それは痛みを感じる仕組みの問題なんです。

基本的に痛みは1箇所しか感じる事しかできません。

例えば肩の痛みが9点(10点が一番痛いとして)、腰の痛みが7点、膝の痛みが4点の強さだったとします。

治療前は肩の痛みが一番強いので肩の痛みだけを感じます

治療をして肩の痛みが6点まで下がると今度は7点である腰の痛みが一番強くなり、腰痛が気になるようになります。

さらに治療が進んで肩や腰の痛みが3点以下になると、4点である膝の痛みが一番気になるようになります。

ですから、治療をして痛みが移動したからと言って不安にならないで下さい

むしろ治療をして改善してるからこそ痛みが移動すると言ってもよいくらいなんです。


しかし、ここからが重要!

「痛みが移動してもよい」というのはあくまでも治療をしている人のお話です。

治療をしていない人の場合は逆になってきます。

なぜなら、痛みの点数(凝りの悪質度)がどんどん高くなっている可能性が高いからです。

これ以上痛みの点数を増加させないように、いますぐ治療を始めましょう!

 
教訓  
何もしていないのに痛みが消えた(変化した)時は要注意!(怪我や筋肉痛以外で)
posted by にしやま治療院 at 19:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月23日

症状改善スピードが遅くなる

「最初はどんどんと症状が改善していたのに、段々と改善するスピードが落ちてきた」と言われることがあります。

もちろん、手は一切抜いておらず、毎回精一杯治療しています

では、なぜこんな事が起きるのでしょうか?

理由は2つあると考えています。

ではその一つ目。

治療すべき量の問題。

今回は「山」に例えて解説してみたいと思います。



頂上部分が一番痛い場所だとします。

とんがった頂上の部分を削るだけなら、ちょっとの量を削るだけでいいですね。

1、2回程度の治療でも十分変化を出せます。

治療が進んで山の中腹ぐらいまで削れてくると、削るべき面積は増えます

1、2回程度ではとても足りずにもっともっと回数がかかることが多くなってきます。

さらに進んで地面に近い裾野辺りになると、1段階下げようとするだけで膨大な時間と手間がかかるようになります。

まあ、ここまで治療が進めばキツイ症状を訴えることはほぼないので普段の生活はとても快適で定期的なメンテナンスという感覚で来院出来るようになりますけどね。

このように1段階症状を変化をさせるまでの手間が加速度的に増えて行くために改善スピードが落ちていくのです。



あなたの症状は我慢に我慢を重ねて富士山のように巨大な山状態になっていませんか?

山が巨大になればなるほど、削る面積も広く、膨大な時間がかかってしまいます。

これは症状を取るまでの時間が遅くなるということです。

ですから、小さい山、つまり初期症状のうちに治療を始めてくださいね。

それだけ短期での治癒が期待できますから。

次回以降でもう一つの理由をお話したいと思います。
posted by にしやま治療院 at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | にしやま治療院の治療方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年09月30日

症状改善スピードが遅くなる理由の2つ目

症状改善のスピードが段々落ちてくる理由について、前回は1つ目の理由「治療すべき量」ということで山に例えてお話しました。

今回は理由の2つ目「凝りの質」についてお話しようと思います。

今回は「雪」で例えようと思います。

軽く積もった雪なら簡単に溶ける、あるいは雪かきしやすいですね。

しかし、山のようになった雪は完全に溶けるまで時間がかかるし、雪かきも大変。

特に山の下部分は上からの圧力でカチカチに固められた雪になってますね。

この雪を体の凝りと置き換えて考えてみましょう。

凝ってから時間が経っていないものは、ほぐれやすく簡単な治療でも解消します。

しかし、凝りの上に凝りが重なっていくと、その下層部分(古い凝りの部分)にいくほどカチカチに固まっていきます。

治療をする時にこの下層部分の固い凝りを一気に砕くのは難しいので何回かに分けて少しづつ削っていくことなります。

このように古い凝りほどタチ悪い凝りに変化して、ほぐれにくくなる。

これが症状改善のスピードを落とすもう一つの要因です。

「凝りの軽いうちに治療!」

大事ですよね〜。

posted by にしやま治療院 at 18:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | にしやま治療院の治療方針 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号