最近の記事
2015年07月08日

今年の梅雨は腰痛にご用心!

最近、腰が痛い!

そんな方はいませんか?

今年の梅雨はキツめの腰痛を起こしている患者さんが多いような気がします。

梅雨は湿度が高いので、腰が重だるい、違和感があるという患者さんは多くはなりますが、はっきりした腰痛というのは少ないのが例年の傾向なのですが、、、。

腰痛を起こしている患者さんの体を診ると、皆さん足や腰が冷えているような感じです。

確かにいつもの梅雨よりも朝晩が寒いように感じます(統計数字的にはわかりませんが、、、)。

蒸し暑く感じるが、気温は低い。または、寝るときに蒸し暑くても、朝は冷え込む。

なんて事が冷えや腰痛の原因になっているのかもしれません。

予防には「靴下を履く」「お灸をする」「毎日お風呂にゆっくりとつかって下さい」

、、、と言いたい所ですが、この季節はなかなか実行しにくいですよね。

もちろん、出来る人は是非やっておいてください。

そこで「足指のスプケア(スプーンエイジングケア)をお勧めします。

すでにハッキリした腰痛が出ている人は、足の小指を入念にさすりましょう!(痛みが強い場合は病院か鍼灸院へ)

手でさすっても良いのですが、足の指に関してはスプーンを使ってさすった方が断然やりやすいと思います。

「足の指スプケア」で梅雨時期の腰痛を予防していきましょう!

posted by にしやま治療院 at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月15日

夏の肩こりはスプーンで解消!

夏こそ「スプケア(スプーンエイジングケア)」の季節!

にしやま治療院で推奨してるスプーンを使った体のケア方法「スプケア」はこの季節がとてもやりやすいです。

夏は首、肩、肩甲骨周りなど上半身が凝りやすい季節。

スプーンが届きやすく、気軽に患部のスプケアがやりやすい部分ですね。

冬にスプーンを使って肩や背中などをさすろうとすると「寒い」「冷たい」と感じて敬遠しがち、、、。

しかし、夏はこの「冷たさ」が心地よかったりします。

ただあまり「冷たさ」を重視すると圧が強くなりがちなのでそれは注意してくださいね。

あくまで、触れるか触れないかの圧力。この圧力でさすった時には意外と冷たさはそれほど感じなくなるものです。

まあこれはやっていくうちに徐々に覚えるとして、まずは暑い夏を利用してジャンジャンとスプーンでさすっていってください。

さらに嬉しい事に暑い夏は、他の季節に比べて血流が良いのでスプーンでも凝りを変化させやすい。

冬や春に効果がわかりにくかったという人ももう一度チャレンジしてみてください!

きっと今度は効果がよくわかるはず!(強いマッサージや強い薬、湿布をしてる人は無理ですけど、、、)

夏の肩こりは「スプケア」で乗り切りましょう!

「スプケア」とはなんぞや??と思った方はこちらをクリック
posted by にしやま治療院 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | スプーンエイジングケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月22日

夏は動いて楽しもう!

近畿地方では梅雨が明けたようで、本格的な夏がやってきました。

このブログでも何度か言ってるように、夏は凝りの症状が軽減しやすい季節です。

ですから、暑ささえ上手にコントロールすれば体的には快適に過ごせる季節なんです。

ストレスも解消しやすいので、普段ストレスまみれになってる人はこの季節に解消しておきましょう!

コツは体を動かして、楽しむ事です。

活動的にどんどん楽しんでいきましょう!(熱中症には十分注意!)

夏は鍼灸治療にも最適な季節。

寝違えや五十肩など急性期の症状はもちろん治りやすい季節ですが、慢性的になっている腰痛や膝痛など冬に非常に悪化しやすい症状も夏は軽減しやすいので、今のうちに治療をお勧めしておきます。

他の季節よりも着替える面倒も少ないので、お気軽にご来院ください!

鍼灸で快調になって、思いっきり夏を満喫しましょう!
posted by にしやま治療院 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年07月29日

かき氷を食べた後は

最近はかき氷を特集したテレビや雑誌をよくみかけます。行列を作るほど人気のお店も増えているとか。

暑い夏に冷たい物は最高ですよね〜。

子供の頃はよく親に「冷たい物ばっかり食べてたらお腹痛くなるよ!」

と言われながらもかき氷や冷たいジュースを飲み食いし続けて、案の定お腹が痛くなって苦しんでいたのを思い出します。

子供はこのように反応が早く出るので、自然と節制ができたりします(苦しくても食べたい欲が勝つ事があるので、こまめに大人が様子を見てあげてくださいね)。

しかし、大人は体の反応が鈍くなっていたりします。反応が鈍いことをいい事にかき氷やアイスなどの冷たい飲食物を毎日食べ続けるとダメージがどんどん大きくなっていきます。

数週間後に「食欲がない」「長く続く便秘、下痢」などの反応が出始めたり、「だるい」「腰痛」「足の冷え」「関節の痛み」など一見関係無いようにみえる所に反応が出たりします。

まさか冷たい物が原因とは考えないので対処も遅れがち。

鍼灸院で原因がわかっても蓄積したダメージが大きいだけに、改善するまで時間がかかり苦しむことに

ですから体の反応に頼れない大人は頭で考えながら調節する必要が出てきます。

かき氷やアイスなど特に冷たいものを食べた日は、その他で冷たい飲食物をとるのを控える。

時にはあえて温かい飲食物をとり入れたりして、1日で食べる冷たい物の量を意識して調節してみてください。

冷たい物と上手に付き合いながら、暑い夏を美味しく健康に乗り切りましょう!


posted by にしやま治療院 at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号