最近の記事
2015年06月03日

「脇の下さすり」のポイント 続き

今回は「脇の下さすり」のポイント解説の続きです。

「脇の下さすり」を実践するにあたって大事な3つのポイント

1、重要な3ルート

2、手先の方向に「さする」

3、軽く「さする」


このうち「1」は前回お伝えしました。

今回は「2」の手先の方向に「さする」からお伝えします。

これは文字通り、脇の方から手先方向に向かってさすってください。

ただし、この方向で「さする」とさすりにくくて、「どうしても圧力がかかってしまう!」という方は手先の方から脇、胸横に向かってさすっても構いません。


「3」の軽く「さする」は、このブログをよく読んで頂いてる方は「また出たか」という感じだと思いますが、ごくごく軽く、触れるか触れないか程度でさすってください

脇の下の「凝りをほぐす」目的でグリグリ強くするというやり方もありますが、にしやま治療院の推奨するやり方はごくごく軽くですので、もしそういう強いやり方が染みついてしまっている方はかなり意識して軽くしてください。

なお、グリグリ強くするやり方を長い期間されて来た方は、効果が出る体の状態になるまで相当時間がかかりますので、根気強く行ってください

これが「脇の下さすり」の3つのポイントです。


前回も言いましたが、この「脇の下さすり」はあくまで、「指」「患部」の「さすり」を十分にやってもまだ肩こりが残っている人用のやり方です。

ちゃんと段階を踏んで来た方には、かなりの効果を実感していただけているのでは?と思っています。

肩こり解消は「指」、「患部」「脇の下」の「さすり」でバッチリ!


posted by にしやま治療院 at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月10日

梅雨を上手に乗り切ろう!

各地で梅雨入りし始めて過ごしにくい季節になって来ましたね。

この時期は湿度が高く、不快に感じる事が多いので、体にも心にも辛い時期です。

今まで絶好調だった人でも、この時期だけは不調を訴える事も多くなってきます。

今、「絶好調だ!」というあなた。

おめでとうございます!

今までのコツコツとした健康管理が成功している証拠ですね。

しかし、そんな絶好調なあなたでも今まで以上に健康に気を使わないとすぐ体調がおかしくなってしまうのがこの時期です。

今までやって来た「スプケア(スプーンエイジングケア)」「さすり」などの健康法も効きが悪くなる時期、、、。

意外とこの時期で「やっても無駄だ」って諦めてしまう方も多いんです、、、。

でも、この時期を上手に乗り切れば暑くなる夏本番に楽々と快適に動けるようになってきます。

ですから、夏を思いっきり満喫する為に梅雨時期は「守りの時期」と考えて「極力疲れをためないように」、「凝りをためないように」、「血流が悪くならないように」を心がけてにしやま治療院の健康法を続けてください。

そして、いま絶不調という方

すぐさま治療してしまいましょう。

ただでさえ、この時期の治療は困難を極めるのですが、この凝りをためたまま、夏本番を迎えると益々治しにくくなります。

梅雨時期には早めの治療を!

posted by にしやま治療院 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月17日

六月病の解消には、、、

六月病というのはご存知ですか?

症状は、、、

肩こり、頭痛、だるい、体が重い、寝つきが悪い、朝起きられない、食欲がわかない、気持ちが落ち込む、やる気が出ない、今まで興味があったことが楽しいと思えない、、、など。

有名な五月病と全く同じ症状ですね。

ただ時期が1ヶ月ずれて出るだけなので六月病と言われているらしいのですが、最近の新入社員さんに増えてきてるようです。

梅雨時期ということもあって、自分では中々解消しにくいと思います。

そこで、手軽な解決法として思いつくのがマッサージですね。

まだ、一回もマッサージを受けた事がないあなた。

とてもラッキーですね。マッサージを受ける前にブログを読んで頂いて助かりました。

実は一番最初に受ける治療というのはとても大事なんです。

鳥の雛が最初に見たものを親と思うように、最初の治療の影響を今後ずっと受けてしまうからです。

途中で変えたいと思っても、自然と最初に受けた治療に引きずられてしまいがちなんです。

世の中のマッサージはゴリゴリとキツいマッサージが多いです。

これを最初に受けてしまうと、筋肉の状態が変化してしまい、自分の自然治癒能力を引き出すような治療が効きにくくなってしまいます。

体がまだ壊されていないあなたにはそんなキツいマッサージは必要ありません

ぜひ、最初の治療は「弱刺激」の治療をしてくれる治療院で受けるようにしてください。

弱い刺激のマッサージをしている治療院は意外と少ないので、探すのが一苦労かもしれませんが、探す価値は十分あります。

できれば、マッサージより鍼灸治療をしてもらいたい所ですが、、、。

鍼灸は怖いという方がおられるかもしれませんが、鍼灸治療の中でも刺激の少ない「接触鍼」なら子供でも平気で受けられるぐらい心地よい治療ですし、余計な治療をしていない人ほど効きやすいので一番最初に受けるのには最適です。

あなたのこれからの健康を大きく左右する最初の治療は慎重に慎重に選んでください。

もう一度言っておきます。ポイントは「弱刺激」ですよ。

今は健康だというあなたも、いつ体が不調になるかわかりません。

その時にこのブログのこの記事を思い出してください。きっと、あなたの健康維持に役立ちますから!
posted by にしやま治療院 at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月24日

強いマッサージの弊害

いざ弱刺激のマッサージ治療を受けようと探したけど、なかなか見つからないと思ったあなた。

そうなんです。

弱刺激でマッサージ治療してくれる治療院というのは本当に少ないのです。

何故か?

「ギュウギュウ強く揉まれる、あるいは刺激されるのが気持ちよく、またそれが正しい治療だと思い込んでいる人が大半だから」

というのが大きな理由の一つだと院長は考えています。

だって、マッサージは「く〜っ、効く〜」って感じで強く揉んでもらってこそ効果があるのだと思っている方が多いのではないでしょうか?

実はマッサージをするプロの人でもこう思っている人は少なくありません。

実際、術後は心地よく、筋肉が柔らかくなりますしね。

この様に強いマッサージ治療をする需要と供給が合っているために、必然的に強く揉む治療院が多くなっている訳ですね。

しかし、にしやま治療院のブログを昔から読んでいるあなたは強く揉む事がいかに体に悪影響を及ぼすか知っていますね。(今回初めて読んだという方は過去のブログを要チェック!)

強い刺激で揉んで柔らかくした筋肉の状態というものは、ステーキを焼く前にお肉をハンマーなどで叩いて潰した時のグチャっとした柔らかさと同様、、、。

健康的だと思いますか?

まして、それを何度も何度も繰り返す、、、。

やがて再生不能に近くなるのも当然ですよね、、、。

健康的で柔らかいというのは、弾力のある柔らかさです。

女性の方はよくわかると思いますが、顔のお肌は弾力がある方がいいですよね。ブヨっと柔らかい状態にしたい人はいないと思います。

体でも全く同じなのに、何故マッサージになるとブヨっとした柔らかさの方がいい様に思ってしまうのでしょうね〜。

凝った筋肉を弾力のある柔らかさにするには弱刺激でほぐしていくのが一番の近道なんです。

健康的な筋肉になるために、あきらめずに弱刺激で治療してくれるマッサージ治療院をなんとか探し出してください!

そして、くどいほど何度も言いますが理想的には刺激の弱い治療をする鍼灸院を探し出す事です。

あなたが通える理想の弱刺激治療院が見つかるまでは、にしやま治療院「指&全身さすり」「スプケア(スプーンエイジングケア)」でなんとかしのいでおいてください!

posted by にしやま治療院 at 17:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年06月30日

「手足をもむと病気が治る!不調が消える!」というムック本に「手の親指さすり」が掲載されました!

今度はムック本に掲載されました!

2015年6月30日発売の「手足をもむと病気が治る!不調が消える!」(マキノ出版)の60〜61ページに、にしやま治療院の記事「手の親指さすり」が掲載されています。

注 画像及び説明文をクリックすると楽天ブックスの販売サイトに飛びますのでご注意ください。リンクと商品が違う可能性もありますのでご利用する場合はよくご確認ください

手足をもむと病気が治




以前「壮快」(2015年4月号)に掲載された記事が好評だったらしく、ムック本にも掲載して頂ける事になりました。

多くの方々が購入してくれたり、アンケートなどで感想を送って頂いたおかげです。

本当にありがとうございました。

記事自体は再掲載という事でその時と同じ内容になっておりますが、やはりムック本になるとちょっと趣が違い、立派に見えます!

「以前の「壮快4月号」はもう読みすぎてボロボロになってしまった!」「知るのが遅くて買いそびれた」という方は是非買って読んでみてください。

またも「さすり」が世の中に広がるチャンスを頂けました。

いろんな方々に感謝、感謝です。

これからもドンドンと健康情報を発信していきたいと思っておりますので、今後も「にしやま治療院」に注目しておいてください!


posted by にしやま治療院 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号