最近の記事
2015年05月13日

夏の体

ゴールデンウィークは十分休めましたか??

逆に遊び疲れてしまった人もいるかもしれませんね。

肌寒い日があったりしますが、立夏も過ぎて、暦の上ではもう

夏は1年の中で一番元気になる季節!

思いっきり活動できる季節です。

仕事や遊びにバリバリと取り組んでください。

そうやってちゃんと発散してあげないと、体に凝りとして残ってしまいますからね。

とりあえずは6月に体にとって大敵な梅雨が来るので、そこまではガンガン動いていきましょう!

また、この時期は体の回復も早い時期です。ですから、まだちょっと体に「不調があるぞ」というあなた。

いますぐ「にしやま治療院」にご連絡を。

はやく治療を始めて、活動的な体にしてしまいましょう!


posted by にしやま治療院 at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 症状・病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月20日

肩こり解消法の盲点をつく 〜脇の下さすり〜

「指さすり」「指スプケア(スプーンエイジングケア)」を実践している(偉い!)。

肩が凝ってる所に直接「さすり」や「スプケア」も実践している(素晴らしい!)。

肩を強く揉んだり、叩いたり、湿布なども貼ったりしてない(完璧!)。

なのに、、、

「肩こりが解消しない!」(何故だ??)

そんな、あなたにもう一つ技をご提案いたします。

それは、、、

「脇の下さすり」

そう、あの体温計をよく挟む脇の下ですね。難しい言葉だと腋窩(えきか)と呼ばれます。

実は「脇の下」は凝っている事を感じにくいので盲点になりがちなんですね。

しかもプロの治療家でも施術がしにくい場所なので、凝りが残りやすい場所でもあります。

しかし、肩こりの酷い人はここがガチガチに固まっている人が非常に多いのです。

脇は肩や首の凝りと関係が深い筋肉が多くあります。さらに、血液、リンパ、神経の重要な通り道。

ここが固いと、肩の動きが制限されてしまい、肩こりが治りにくいだけでなく、将来の五十肩へと繋がる事も。

これは、凝りを解消しておかねばなりません!

それには、やはり「さする」のが一番。

直接地肌をさするのが一番効果的ですが、くすぐったい人もいると思います。

そういう人はシャツ等の上からでも構いません。

15回程度軽くさすってみてください。

どうですか?(変化の無い人はもう一度繰り返してみてください)

ちょっと肩や首周辺が軽くなっていませんか?

あまりにガチガチ過ぎるとすぐ結果が出ない人もいると思いますが、しばらく続けてみてください!

次回にもう少し詳しくやり方を説明しますね。

posted by にしやま治療院 at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年05月27日

「脇の下さすり」のポイント

前回お伝えした肩こり解消法の盲点をつく「脇の下さすり」はいかがでしたか?

「脇の下さすり」は非常に有効な肩こり解消法なのですが、「指さすり」「患部さすり」の段階をすっ飛ばしてやっても効果は薄いので、それをしていない人はまずそれを十分やってからお試しくださいね。

今回は的確に効かせる為のポイントをいくつかご紹介しておきたいと思います。

1、重要な3ルート

2、手先の方向に「さする」

3、軽く「さする」


まずポイント1の「重要な3ルート」からお話します。

脇(腋窩)は一番窪んでいる場所、前側にある筋肉、後側にある筋肉で構成されています。

この3ルートを意識してちゃんとさすらないと効果が減少してしまいます。

指や手のひらがこの3ルートにしっかりとかかるようにさすってください。

ルートにかかっていればどうさすっても良いですが、一例を上げておきましょう。

1、さすりたい方の脇と反対の手をつかいます。

2、親指は脇の前側、残り4本の指は脇の後側に置き、手の平は脇の窪み中央部分に当たる様に手を置きます。

3、親指、残り4本の指、手の平が全部触れるような状態でさすっていきます。

4、さする範囲は胸の横辺り〜二の腕の真ん中ぐらいまでのエリアをしっかりさする


注 脇に触れている手は極力力を抜いて、3ルートとも均等な力で、軽くさすれる様に体勢なども微調整してください。

もちろん1ルートずつ丁寧にさすっても構いません。

残りの2つのポイントは次回以降に説明します。


posted by にしやま治療院 at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号