最近の記事
2013年11月06日

食事の試行錯誤

前回GI値(体内で糖に変わるスピードを数値化したもの)の低いものは消化が悪い物が多く、いきなり食べ過ぎた事で院長の胃の調子が悪くなったというお話をしました。

このまま続けるのは危険だし、「なんとかせにゃいかん!」とまた色々方法を探し始めた訳ですな〜。

「とにかく消化を遅くすれば良い訳でしょ?」と考えて、炭水化物食品(ごはんとかパンとか)といろんな物を組合わせて食べるというのを試してみました。

その中でキャベツダイエット(ご飯の前に大量のキャベツを食べる)に似たようなものもやったりしました。(正確に言うと野菜サラダを食事前に食べてたんですが、、、)

消化が遅くなったかは確認は出来ないですが(おそらく遅くなってるはず、、、)、胃の調子は悪くならなかったし、野菜でお腹が満たされる事で炭水化物をとる量は確実に減ったと思います。

「なかなかいい方法かも」と思っていたんですよ。

ただ、、、「飽きる!」

ちょっと続けてると飽きてくるんですよね〜。野菜大好きな人にはいいのかもしれないけど、それほどでもない院長にとってはちょっと辛くなってきた、、、。

しかも、栄養の面からいってもバランスが悪いし、東洋医学の考えからいっても旬でないものを強制的に食べ続ける(冬に夏野菜を食べるとか)のは良くないなあという事でこれも修正せざるをえなかった訳ですな〜。

何かいい方法はないかな〜と思ってたら、いいのがあったんですね〜。

それは、、、

次回!



↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月13日

高級食?健康食??理想食???

前回まで血糖値を極力上げないことが糖尿病防止や老化の過度な進行を抑える為の有力な方法だとご紹介してきました。

そして院長の食生活の試行錯誤もご紹介してきました。

血糖値を急速に上げずに、栄養バランスも良く、旬の食材も摂れる食事。そんな凄い食事があるの??
って思ってたんですけど、あったんですね〜。それは、、、

ずばり「会席料理!」

会席料理とは、日本の伝統的な料理形式で、大まかにいうと最初に前菜、お吸い物、刺身系、焼物系、煮物系と続き、酢の物や和え物系、ご飯、みそ汁系、漬け物と続き、最後は果物でしめるものです。その他の料理が間に色々と入る事はあるものの、基本はこんな感じです。

この中で大事なのは、最初に血糖値の上がりにくい前菜から始まって、その次に上がりにくい刺身や焼き物系、最後に一番血糖値の上がりやすいご飯や果物を持って来てる事です。

栄養バランス的にも体を作ってくれるタンパク質系や新陳代謝に必要なビタミン系も豊富に摂れるし、さらに、あらゆる場所にその季節の旬の物を取り入れた料理を自在に組み入れやすい事もすぐれている点です。

なにより、ご飯を食べる頃にはある程度お腹一杯になってる事で炭水化物の取り過ぎを防いでくれる事が一番優れている点だと思います。

いや〜伝統的な料理というのはよく考えられていますね〜。
これを使わない手はありませんよね。ちょっと自分の食生活の参考にしてみては??





↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 13:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月20日

会席料理の使い方

前回は会席料理が糖分吸収のコントロールにいいのでは??とご紹介させて頂きました。

ただし、あなたも既に気がついていると思いますが、大きな難点があるのも事実です!

それは、準備が大変!という事です

そりゃそうですよね〜。あれだけの品数の料理を食べようと思うと調理や準備が大変ですからね〜。
かくいう院長も朝昼晩と毎回きっちり会席料理の様な食事をしてる訳ではありません、、、。

では、なぜあえて紹介させて頂いたかというと、目安として使って貰えればと思ったからです。

あの会席料理の順番と料理品目という目安があれば、あとはそれにいかに近づけていけるかを考えればいいし、出来なかった時はどれだけ外れていたのかを意識出来ると思うんです。実際に院長はそう言う風に使って改善中です。

たまにはラーメンとか牛丼とかお菓子を満腹食べてみたいですよね。
朝は時間がないからパン一枚だけにして家を出たい所ですよね。

目安が無いと、毎日がその食生活になってしまいがちです。それでは、改善しにくい、、、。
ラーメンだけだった次の食事はちょっと品目を増やすとか、パンにサラダだけでもつけてみるとか、ちょっとした工夫だけでも、結構体はいい方向に向かってくれたりするものです。

どうぞあなたの食生活に会席料理の考えを上手く取り入れてみてください!



↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 16:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月27日

2つの注意

今まで数回に渡って、アンチエイジングに有効だと思われる食生活、特に血中の糖と食事の関係に注目してご紹介してきました。

ここで、注意しておきたい事があります!

1、いままで炭水化物や甘い物を悪者の様に言ってきましたが、体にとっては非常に大切な物でもあるので、全く摂取しないといった無理な事は控えて下さい。

2、子供や成長期をむかえている方々にとっては、エネルギー(糖)がかなり必要なので、ご紹介した方法はあまり参考にはされない方が良いと思います。

ちなみに、40代(女性は30代)あたりになると基礎代謝はかなり低下してきて体に必要な糖も少なくなってくると思われるので、積極的に糖コントロールを考える事をお勧めします。

以上の注意をしっかり守った上で上手にアンチエイジングをしていきましょう!



↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。

posted by にしやま治療院 at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号