最近の記事
2012年11月07日

出来るだけ体の上下方向にさすりましょう!

全身をさする時のポイントの4番目「出来るだけ体の上方向、下方向にさすりましょう!」を簡単に説明しておきましょう!

さする方向なんですが、基本的にはさすり易いやり方でいいのですが、体の横方向(立った状態での左右、右左)よりは縦(立った状態での頭→足、足→頭)の方向でさすった方が効果を出しやすいです。

縦の方向であれば、上からさすっても、下からさすってもいいと思います。
(正確には効果を出しやすい方向があるのですが、かける圧力によって変わってしまいややこしいので、とりあえず縦の方向ならどっちでも良いと思います)

ただし、注意しないといけない場所があります。

それは肩の部分(肩上部)です。

クビの付根から肩先(肩峰部)までは横方向(左右、右左)になります。

そこだけ注意して、出来るだけ全身さするようにしてみてください。

くどいですが、あくまで軽くです!


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 14:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月14日

顔と頭もさすろう!

全身サスラーになってますか〜!

大分とさするポイントは掴めてきましたか?
全身サスラーにきっちり変身出来てる人でも意外と忘れがちになってる所があります。

それは顔と頭です。
顔と頭もさすっていいの??

勿論、いいんです!

患者さんと話していても「顔や頭も凝るんですか??」とびっくりされる方が意外に多いのですが、顔や頭にもしっかりと筋肉はあるので当然凝りもあります。

まして普段存在に気づかれない分、相当凝っている人が多いんです。

肩凝りや首凝りがキツい人は顔と頭も異常に凝っていて動きが制限されている場合が多々あります。

しっかりケアしておかないと、なかなか肩、首周りの頑固な凝りが取れてくれません。

という訳で顔と頭も含めた全身をさすって下さい!

顔というとリンパマッサージの様にギュ〜っとやるのが有名ですが、ここではあくまでさするのを推奨してるので、ほとんど接触しない程度の軽さでさすってくださいね!


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月21日

顔サスラー

前回は「顔と頭もさすろう!」をご紹介したのですが、もうちょい詳しく顔をさする時のポイントについてお話しておきます。

顔も基本はおでこの方から顎(または顎→おでこ))という上下(下上)の方向にさすっていきます。

細かく言うと微妙に向きがあるのですが、ここでは気にせず上下(下上)の方向でさすっていってください。

基本は全身をさする時と変わらないのですが、顔は手の平でさすれる部分は少ないですね。

鼻の横や目の近くなど狭い場所を無理矢理手の平でさすろうとすると、逆に肌に密着してる部分が少なくなるし、力も入りがちです。

ですから、顔に関しては「指の腹」をうまく使ってさすってみてください。

人差し指を横向きにして上下にさすると幅広く、しかも密着してさすりやすいです(なるべく広い面積を使う方がいいです)

121121_1314~01.jpg

よりも、他の4本指も伸ばした形

121121_1337~01.jpg

の方が人差し指の力を抜きやすくて良いです。(五本指に力を極力いれないようにしてください)

人差し指だけで安定しにくい場合は中指も同時に使うと安定しやすいです。

121121_1338~01.jpg

写真だとちょっとわかりにくいですが、指先だけを肌につけるのではなく、指の根元の方もしっかりと肌に接触させた方がいいです。特に頬など広い場所は。

場所はおでこ(こめかみも)、頬、耳まわり、あご周り、そして目と鼻と口まわり。まあ、全部になっちゃいますね(笑)。

ストレスに合わせるなら、緊張の多い人は頬とおでこ。

イライラの多い人は目の周り、耳周りやこめかみあたりが硬くなりやすいので重点的にさすることをお勧めします。

肌の感じがツヤツヤする(潤いが出る)のを目標にさすってみてください!


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年11月28日

頭サスラー

前回言い忘れましたが、顔サスラーの時は反対の手(顔の右さすりなら左手を使う)でさする方が楽に出来ると思います。力も抜き易いですし。いっぺん試してみてください。(ん、既にやってる??さすがです!!)

さて、今日の本題。
頭さすりのポイントに行きましょう。

頭をさする時も基本は同じ縱の方向(上下、下上)でさすれば良いのですが、頭には髪があって頭皮をさするのは難しいですね。

無理矢理さすろうとすると強い圧になってしまいます。

ですから、髪の毛をさすってください!

さするというより撫でるっていった方がいいかも知れません(髪ナデラー??)

子供を「いい子、いい子」する様に軽く撫でてください!

ちょっとしたポイントは髪の毛の生えている方向に沿って撫でる方がスムーズに撫でやすいです。つむじあたりで変化してると思うので、自分の髪の毛のくせを掴みながら、方向を探ってみてください。



↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 12:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号