最近の記事
2012年06月01日

足の中指

足の中指(真ん中の指)が固くなっているということは、次のような症状が関連して出やすい状態になっています。(ほとんど足の人指し指と同じですが、、、)

足のすねの周りの筋肉の痛み、太ももの痛み。

背中(腰のちょっと上の方)の痛み、首の前の筋肉の痛み。




などなど。





(入念に足の中指をさすって、中指が柔らかくなったのにこれらの症状が消えない!

そんな人は指さすりではとても追いつかないほど病状が重い、もしくは

別の原因も絡んで複雑化している思われますので、一度ご相談ください。)


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 13:10 | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月04日

足の薬指

足の薬指(小指の隣の指)が固くなっているということは、次のような症状が関連して出やすい状態になっています。

足の真横(外くるぶし側)の筋肉の痛み、太ももの真横(外くるぶし側)の痛み。

股関節(外くるぶし側)の痛み、肋骨の周り(体の横側)の痛み。

偏頭痛、イライラ。

などなど。





(入念に足の薬指をさすって、薬指が柔らかくなったのにこれらの症状が消えない!

そんな人は指さすりではとても追いつかないほど病状が重い、もしくは

別の原因も絡んで複雑化している思われますので、一度ご相談ください。)



↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 12:52 | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月06日

足の小指

足の小指が固くなっているということは、次のような症状が関連して出やすい状態になっています。

ふくらはぎの痛み、膝裏の痛み。

背中(背骨に近い所)の痛み、首の後ろの痛み。

こむらがえり、後頭部の頭痛。

などなど。





(入念に足の小指をさすって、小指が柔らかくなったのにこれらの症状が消えない!

そんな人は指さすりではとても追いつかないほど病状が重い、もしくは

別の原因も絡んで複雑化している思われますので、一度ご相談ください。)


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 10:13 | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月10日

サスラー

皆さん「サスラー」になってますか〜〜。

唐突にすいません。指さすりを真面目に実行してる人を「サスラー」と言ってみました。

ちょっと古すぎるセンスでしたね。どうもすいません。

それはさておき、これまで何回かに渡って指さすりについて解説してきました。

ちょっと効果が出始めてる人、全く効果ないよっていう人、色々だと思います。

効果が出てる人はそのまま指さすりを続けてください!

効果の出ない人。困りましたね〜。

あまりお勧めしたくはない方法なんですが、強化バージョン(若干破壊バージョン)があるのでお知らせいたしましょう!

それは、、、。

次回のお楽しみにしましょう!(ほんとすいません!)


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 14:45 | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月13日

指関節ひねり

指さすりでいまいち効果の薄かった方。

次の手段をお教えいたしましょう。

それは「指関節ひねり」です。

1、例えば人指し指なら、一番指先側の関節と指先から2番目の関節との間を逆の手の指で挟みます。

2、挟みながら左右どちらかにひねっていきます。

3、もうそれ以上ひねれなくなった所(痛く無い程度に)で3秒ほど止めた後、一気に挟んでいるのを緩めて、離してください。

4、最初に左にひねったらとしたら、今度は右に同じ様にひねってください。

5、これを数回指が柔らかくなるように繰り返していってください。

6、さらに、1本の指につき、ひねる事が出来るポイントが3カ所(親指は2カ所)あるので、すべての関節でこれを行ってください。

以上、「指関節ひねり」のやり方でした。指さすりで効果の薄かった方はお試しを。


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 19:21 | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月16日

指関節ひねりのやり方

指関節ひねりのやり方はわかったでしょうか?

指関節ひねりにも2つのやり方があります。

まずはこのやり方(通常版)。



動画が見にくくて申し訳ないですが、指の手の甲側と手の平側を挟むやり方です。

もう一つはこのやり方(強化版)。



指の側面を挟むやり方です。

側面を挟むやり方の方が効果が大きいのですが、筋肉の破壊度がやや大きいです。

ですから、症状がキツい時に緊急避難的に行ってください。



↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 19:38 | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月20日

指関節ひねりをやる前に

指関節ひねりは意外と筋肉に負担をかける健康法です。

人によっては指関節ひねりをいきなりすると筋肉を痛める可能性があります。

ですから、まず準備運動として指さすりを十分やってから指関節ひねりを実行してください。

さらに、指関節ひねりを実行した後にも整理運動として、再び指さすりをやって終わってください。

あと、出来るだけ軽くひねる事を心がけてください。

指関節ひねりは硬い凝りを無理矢理破壊するのではなく、あくまで徐々に軟らかくして行くやり方ですのでご注意ください!


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 17:48 | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月23日

指関節ひねりの場所

指関節ひねりは基本的に3カ所行います(親指は2カ所)。

1つめは、爪の脇の所。

2つめは、指先に一番近い関節(節の所)とその次の関節との間。

3つめは、真ん中の関節と手の平に近い関節(いわゆるポキポキと指を鳴らす所)との間。

一番やり易くて、効果が大きいのが2つめの場所なので、全部やるのが邪魔くさいな〜という方。

2つめの場所だけでもやってみてください。

全くやらなくなるより、ちょっとだけでもやってもらった方が良いので、、、。

あっ勿論全部やるのが理想ですよ!


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 18:10 | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年06月27日

ヒネラー

皆さんヒネラーになってますか〜〜。

またまたすいません。「サスラー」に続き、指関節ひねりを真面目にしてる人を「ヒネラー」と言ってみました。(相変わらず古いセンスの院長です、、、)

指関節ひねりをしてみてどうでしょう?

ヒネラーに変身して、しばらくしてもそれぞれの指に関連している症状が緩和しないなら、一度、お近くの鍼灸院に駆け込まれる事をお勧めします。

検索キーワードは「接触鍼」や「経絡治療」などで検索してみてください。

そうすれば大体ソフトな鍼で、体全体の症状に対応してくれる鍼灸院がみつかると思います。

もちろん、にしやま治療院に来て頂ければ、どの指を重点的にしたら良いかなど、具体的にご説明させていただきます。


↓ブログランキングに参加中。クリックして応援してください!

鍼灸 ブログランキングへ
↓もうひとつ
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村
ご協力ありがとうございました。
posted by にしやま治療院 at 17:47 | 指関連&さすり健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
[ここに地図が表示されます]
ご予約電話番号0742−51−0028
にしやま治療院
奈良市西大寺芝町1−3−18 
セカンドハウス106号